家族旅行のピッタリのレストラン

グアム島といえば、日本からわずか3時間で行ける常夏アイランド。ビーチやプールなどのレジャー施設やショッピングが充実していて、家族旅行にもピッタリな旅行先です。さて、家族旅行でグアム島に行ってみると、グルメの方はどうでしょう。ホテル内のレストランでは和食が食べられたり、国際色豊かなビュッフェ形式の店も多いので、食には全く困らないでしょう。それでもホテルから出て、グアムならではの食事を楽しんでみませんか。

家族旅行で行く、グアムの美味しいレストラン 家族旅行で行く、グアムの美味しいレストラン

グアム名物料理って何でしょう

グアムの先住民族はチャモロ族で、彼らの伝統料理のチャモロ料理も是非試してみたいものです。ケチャップライスのような赤いライスはアチョーテの実の粉を混ぜていますが、味は特にしません。私が気に入ったのは、しょう油ベースに玉ねぎなどを加えた調味料フィナデニソース。揚げた白身魚や肉にかけて食べると、クセになりそうな旨みがありました。みんなでいくつかの料理をシェアしながら、試しにつまみました。子ども達のウケも悪くなく、大人は初の食文化と触れ合えて満足でした。

育ち盛りのお子様にはガッツリ肉!

グアム名物で欠かせないのが、お肉がガッツリと食べられる肉食系レストラン。グアムには安くて美味しいステーキハウスが何軒もあり、選び放題です。「トニーローマ」のリブステーキは甘いBBQソース味で、柔らかくて美味しかったです。ロブスターもありましたが、少し値段が高めでした。「アウトバック・ステーキハウス」にも行きました。オニオンフライは欠かせないこのお店の定番で、揚げたてで美味しかったです。アメリカンなファミリーレストランの雰囲気で、大人も子ども達も楽しめたので良かったです。

コンビニのおにぎりは当日に食べよう

帰国日が早朝便のフライトだったので、前日に翌朝の朝飯を買っておくことにしました。行ったのは、グアム島のどこにでもあるコンビニエンスストア。日本人客も多いので、日本で見かけるようなおにぎりや、ハンバーガーも売られていました。家族みんな、おにぎりを購入し、翌朝食べようと開けてみると!ご飯の米粒がカチカチになっていました。コンビニおにぎりの質は、まだ日本のレベルではないようです。当日食べれば美味しいので、利用の仕方次第で使えますよ。