page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

マーシャル諸島旅行・マーシャル諸島観光徹底ガイド

マーシャル諸島旅行・観光の見どころ・観光情報

珊瑚からできた29の環礁と5つの島が連なり、「真珠の首飾り」と称されるマーシャル諸島。人口はわずかに6万人のミニ国家。第二次世界大戦後から長らくアメリカの統治下にあったが1986年に独立し、マーシャル諸島共和国という独立国家になった。年間平均気温は27度で1年を通してほぼ一定。観光はなんと言っても透明度が高い海が楽しめる、ダイビングスポットがおすすめだ。。ここでしか見られない魚もいっぱいだ。日差しが大変強いため、日焼け止め対策を忘れずに。(2016年9月編集部調べ)

マーシャル諸島へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2020/03/31現在) フライト時間 現地との時差
マーシャル語、英語 USD 1 USD = 108.11948 約14.0時間 約3時間

マーシャル諸島の人気問合せ情報

マーシャル諸島の最安値カレンダー

マーシャル諸島旅行・観光の選び方

ダイビングを目的としたツアーが主流。グアムと組み合わせのツアーも多い

世界有数のダイビングスポットなので、ダイビングがセットとなったパッケージが主流。グアム乗り継ぎ便を利用し、グアムと組み合わせのツアーが多い。フリープランもあるが、外洋、チャネル、ラグーンなど様々なフィールドでのダイビングが楽しめ、抜群の透明度が堪能できる。ハワイやグアムのような高級リゾートではなく、ショッピングモールもないが、素朴な島の暮らしと透明度の高い海でのダイビングが楽しめる。食事はつかないプランが多いが、島のレストランやホテルでは、ステーキ、パスタなどだけでなく、タロイモや調理用バナナを使ったチャモロ料理、そして中華料理も食べられる。(2016年9月編集部調べ)


マーシャル諸島の気温・降水量ベストシーズン情報

降水量は通年少ない気候で、いちばん多い10〜11月でも約300mm。日差しは強いが、貿易風が吹き抜け過ごしやすい。平均気温は27度で、服装は夏服でOK。(2015年編集部調べ)

マーシャル諸島のオススメツアー

マーシャル諸島旅行・マーシャル諸島観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 27.30〜34.60万円)
  • 1|

合算燃
目安
34.60
 

旅行代金: 33.70

燃油目安燃: 0.90

7日間

成田発

おすすめ情報

ミクロネシア連邦・グアム・マーシャル諸島 (ポナペ(ポンペイ)、マーシャル諸島、グアム) ツアー

ホテル:
ロバート・レイマーズ・ホテル、サウスパーク
航空会社:
ユナイテッド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
27.30
 

旅行代金: 26.40

燃油目安燃: 0.90

6日間

成田発

ホテル:
ロバート・レイマーズ・ホテル
航空会社:
ユナイテッド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

2件ヒットしました (1旅行会社 27.30〜34.60万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook