page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
パラオ・パラオ・ダイビングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

近場の穴場、ショートドロップオフへダイブしよう!


掲載日:2007/11/22 テーマ:ダイビング 行き先: パラオ / パラオ

タグ: かわいい イルカ ダイビング 穴場


近くにもあった、実力派の穴場スポット

この海域ではよく見られるハシナガイルカ。ボートと一緒に遊ぶ姿には感動するしかない。思わず飛び込みたくなるが、人間とは一緒には泳がない。好奇心旺盛なくせに臆病なのである この海域ではよく見られるハシナガイルカ。ボートと一緒に遊ぶ姿には感動するしかない。思わず飛び込みたくなるが、人間とは一緒には泳がない。好奇心旺盛なくせに臆病なのである

パラオに来るダイバーのおよそ95%が旧首都コロールでの滞在を選ぶ。理由は簡単。交通、食事、買い物という、ダイビング以外の旅の便利が揃っているから。通常のダイビングサイトはここから1時間近くボートで移動しないとなりませんが、ショートドロップオフという東のポイントならスピードボートで15分という近距離が魅力。乗船時間が短いからボートが出発したらすぐにポイント。水中はドロップオフとなっていて、深層からの潮がダイレクトに当たるので、プランクトンを大量に含んだ栄養価の高い水を浅瀬へ押し上げてきます。“餌があれば魚は集まる”方程式でこの場所でも多くの魚を見ることが出来ます。パラオの東側はスロープが多い中、ここは特別なドロップオフポイントなのです。

近くたって実力は本物

エントリーするとすぐに近寄ってくるツバメウオたち。この後、同行者のごとく途中までついてくる。まるで忠犬のようだ エントリーするとすぐに近寄ってくるツバメウオたち。この後、同行者のごとく途中までついてくる。まるで忠犬のようだ

水中に入ると最初はグルクンというタカサゴの群れが目の前に現れます。この魚たちがいるのはプランクトンが豊富な証拠。否が応でも先の期待を盛り上げてくれます。ドロップオフ沿いに進むにつれてグレーリーフシャークやツムブリ、バラクーダの群れも出現します。嬉しいのはエントリーとほぼ同時に表れるツバメウオの群れ。人懐っこくダイバーを追いかけてきます。ユーモア顔のツバメウオがチョコチョコと付いてくるのを見ているのは愉快そのもの。そんなドロップオフも先に進むとだんだんとスロープに変わります。その辺りからカメやナポレオンといった大物も出てきます。40分の潜水時間で次から次へと現れる魚たちにきっと満足の1本となるでしょう。

人が潜らない午前中、それも下げ潮に変わった直後が狙い目だ

流れがほどよく入ってくると写真のようなツムブリが集まってくる。弾丸のようなスピードのある泳ぎは見ていて気持ちがいい。スタイルも良くてカッコいい魚である 流れがほどよく入ってくると写真のようなツムブリが集まってくる。弾丸のようなスピードのある泳ぎは見ていて気持ちがいい。スタイルも良くてカッコいい魚である

コロールから近いので、どうしても午後の3本目のオプションダイブに使われてしまうことも多いのですが、ここだけの話、午前中の下げ潮が始まる時間を狙って入るのがお勧め。このタイミングで潜れると、透明度は最高で流れも程よく気持ちのよいドリフトダイビングができるんです。太陽の光が差し込む真っ青な水中で、流れに乗ってドロップオフに沿って魚の群の中を進んでいく。どうです?最高でしょう?ドロップオフポイントなので中世浮力は必須ですが、それが出来れば初心者からでも問題なく楽しめます。シーズンは基本的に1年中。台風のときだけは波が高くなりますが、これからの冬の季節ならまず問題ないでしょう。

楽しいのは水中だけじゃない

15分のショートトリップでポイントに到着。水面が凪のときにはさらにその時間は短くなる 15分のショートトリップでポイントに到着。水面が凪のときにはさらにその時間は短くなる

近くて水中が楽しい、それだけでもダイバーにとっては大きなメリットですが、ここではさらに水面でハシナガイルカの群れに遭遇できるチャンスもあるかもしれません。この海域はハシナガイルカの群をボートから目撃することが珍しくありません。ボートでアプローチすると、引き波で遊びに来るイルカたち。その無条件に可愛い姿にきっと感動すると思いますよ。耳をすましていると「キューキュー」という鳴き声も水面から聞こえるほど近くに寄って来ますよ。水中だけではない水面も可能性があるショートドロップオフ。そんな“一粒で二度オイシイ”ポイント。パラオに来たなら是非チャレンジしてみてください。グッドラック!

【関連情報】

アクセス:旧首都コロールのホテル滞在の場合は、各ダイビングサービスにより終日2ダイブ(送迎・ドリンク・ランチ付き)でUS100ドル(11,500円)前後が相場。 3本目オプションダイブはUS$60前後。 ※レンタル機材など除く。
コロール州海域でダイビングを行う際には、25ドルのダイビング税が別途必要、また、安全装備のシグナルフロートの携行が義務付けられているので注意。
ハシナガイルカは野生動物なので、群れで移動することもある。確立は高いが“必ず見られる”という訳ではない、自分の運を信じよう。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/11/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索