page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
パラオ・パラオ・ダイビングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

海中にニョロニョロ?! パラオでガーデンイールを発見!!


掲載日:2008/04/02 テーマ:ダイビング 行き先: パラオ / パラオ

タグ: ダイビング 美しい


白い砂地のニョロニョロたち

ゆらゆら揺れる水中のニョロニョロたち。無害で攻撃もしない。そしてこの姿。見ているだけでリラックスしてしまう生き物だ ゆらゆら揺れる水中のニョロニョロたち。無害で攻撃もしない。そしてこの姿。見ているだけでリラックスしてしまう生き物だ

ここの読者の方で「ムーミン」をご存知無い方はいますか? 今回はそのムーミンの話から始まるので、ムーミンを知らない方には少々分かりづらいかも知れません。最初に謝っちゃいますごめんなさい。
さてそのムーミン物語に出てくる沢山の個性的なキャラクターたち。不思議な形をしている彼らですが、その中でもひときわ異彩を放つ存在がニョロニョロという生き物(?)。僕はテレビを見ながら「こんな生き物存在する訳ない」と幼心に思ったものでした。しかし、そんなムーミン物語を見てから30ウン年。僕は海中にニョロニョロの存在を見たのです。そのニョロニョロの名前はガーデンイール。写真を見てください。見れば見るほど似ています。

ガーデンイールの正体はへび?ウナギ?

この写真はアオウミガメ。パラオではこの他に4種のカメが確認されている。あなたは何種見られるかな? この写真はアオウミガメ。パラオではこの他に4種のカメが確認されている。あなたは何種見られるかな?

そのニョロニョロに似たガーデンイールは「チンアナゴ」という和名もあるアナゴの仲間。体長はおよそ60cm。白い砂地に刺さるようにして、上半身をゆーらゆらと揺らしながら流れてくるプランクトンを食べながら生活しています。警戒心が強く僕らダイバーが近づくとゆっくりと体を砂の中に沈めて、最後は砂に潜ってしまうという護身術で身を守ります。泳いで逃げることはせず、ただ砂に潜るだけ。なんだか魚らしからぬ魚ですが、列記としたウナギ、アナゴの仲間。魚の図鑑にも載っている魚類なのでした。
しかし姿かたちはとても魚には見えないこのガーデンイール。砂地に着底して、ゆらゆら揺れるその姿をしばらく見ているとなんだかとても癒されてしまいます。今風の言葉でいうと「ほっこり」したという表現がピッタリの生き物なのでした。

脇役たちも実力高し

この水路を抜けるとジャーマンチャネル。ベタベタな水面をすべるように進むボートは否が応でも海への期待を盛り上げる この水路を抜けるとジャーマンチャネル。ベタベタな水面をすべるように進むボートは否が応でも海への期待を盛り上げる

このガーデンイールの観察できるポイントは、旧首都コロールからスピードボートで45分ほどのジャーマンチャネルなどの砂地のポイント。流れも比較的弱いポイントなので、初心者からでも安心して潜れます。これらの砂地ポイントのすごいところはガーデンイールだけではないその脇役たちの実力の高さ。マンタや、グレーリーフシャークのサメたちから始まり、サンゴのあるエリアではタイマイや、アオウミガメのカメ類の遭遇率もアップします。見たい人は是非ぜひガイドにリクエストしましょう。
ガーデンイールで癒されて、目線を上げると大物が泳いでいる。なんだか楽しそうじゃありませんか。ジャーマンチャネルのシーズンは11月から7月半ばくらいまでなら大丈夫。日本の気温も上がってきて、海が見たくなってくるこの季節。今すぐパラオのツアーで検索かけてみてくださいね。現地で待っていますよ。ではまた来週!

【関連情報】

そして今週に限っては大型脇役となってしまうマンタ。ガーデンイールの傍には大体マンタのステーションがあるので、中層も気をつけていると会える可能性高し そして今週に限っては大型脇役となってしまうマンタ。ガーデンイールの傍には大体マンタのステーションがあるので、中層も気をつけていると会える可能性高し

アクセス:旧首都コロールのホテル滞在の場合は、各ダイビングサービスにより終日2ダイブ(送迎・ドリンク・ランチ付き)でUS110ドル(12,000円)前後が相場。 ※レンタル機材など除く。
ほかに、離島(カープアイランド、ペリリュー島)などのダイビング宿&サービス発のツアーもあり。
パラオ・コロール州海域でダイビングを行う際には、25ドルのダイビング税が別途必要、また、安全装備のシグナルフロートの携行が義務付けられているので注意。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索