page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
パラオ・パラオ・ダイビングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夏のマンタポイント、シーズン解禁!! 優雅な姿に癒されよう


掲載日:2008/06/18 テーマ:ダイビング 行き先: パラオ / パラオ

タグ: ダイビング 穴場 美しい 癒し


風が変わる夏の季節

いつ見ても、何度見ても癒されてしまうマンタ。正式名をマンタ・レイと言い、オニイトマキエイという和名もある。ダイバーに人気のエイだ いつ見ても、何度見ても癒されてしまうマンタ。正式名をマンタ・レイと言い、オニイトマキエイという和名もある。ダイバーに人気のエイだ

パラオは冬と夏で風向きが変わります。これはダイビングにはとても重要。冬に吹く北東の風と逆、夏は西向きの風が多く吹きます。丁度今ぐらいからその風向きが変わるシーズンへと入ります。それに合わせてダイビングのポイントも西側から東側のポイントを使うことが多くなります。パラオは東側にもインリーフ、アウトリーフ合わせて20ほどのポイントがあり、そのうちメジャーなポイントはおよそ10ポイント程度。ですが、それぞれのダイビングショップさんが独自で開発したオリジナルポイントが多いのも東側の特徴。夏のパラオはオリジナルポイント解禁の時期なのです。

そんな夏に開く、秘密のマンタポイント

水面を見上げると他のダイバーたちが青の水にシルエットで映る。上下左右に3次元で移動出来るのはダイバーならではだ 水面を見上げると他のダイバーたちが青の水にシルエットで映る。上下左右に3次元で移動出来るのはダイバーならではだ

僕が勤めているデイドリームでも東側にオリジナルポイントがあります。その名も『シークレット・スタジアム』。マンタのクリーニングステーションがあるポイントです。旧首都コロールからボートで40分というこの場所は、夏場が旬のシーズンとなります。ロックアイランドの島影になり、バリアリーフの内側なのであまり荒れません。チャネルのポイントなので多少は流れますが、潜降もロープ沿いなので初心者でも心配ありません。潜降して小高い丘沿いに水深を17mまで下ろしていくと、目の前に球場のようなマンタのクリーニングステーションがあります。そこにマンタがゆっくりと旋回しながらアプローチしてきます。マンタが来る理由は体についた寄生虫やゴミを他の小魚に掃除をしてもらうため。クリーニングと分かっていても、体幅4mもあるマンタが目の前で旋回する姿は優雅そのものです。

意外に穴場の夏のパラオ

太陽が出ると気温は一気に32度まで跳ね上がる。時速50kmのスピードも気持ちの良い風だ 太陽が出ると気温は一気に32度まで跳ね上がる。時速50kmのスピードも気持ちの良い風だ

パラオも北半球なので、台風のシーズンは日本と同じです。確かに多少天気は荒れてきますが、近年の異常気象のせいでしょうか、あまり大荒れのときばかりということが少なくなっているような気がします。少なくどころか、ピーカンになってしまうこともザラ。さらにパラオの強みは台風が直撃しないこと。天気が荒れても必ずどこかは潜ることができるのがパラオの強み。「行ったけど一本も潜れなかったんだぁ」ということはほとんど無いと思います。そう、パラオは意外や意外、潜れないということがない、ストッパーポイントが沢山ある場所なのです。天気は運。自分のツキを信じながら今年の夏はパラオのマンタポイントへ潜ってみませんか。

【関連情報】

ポイントまでボートで移動。ロックアイランドと呼ばれる島影を抜けてポイントへと向かう ポイントまでボートで移動。ロックアイランドと呼ばれる島影を抜けてポイントへと向かう

アクセス:旧首都コロールのホテル滞在の場合は、各ダイビングサービスにより終日2ダイブ(送迎・ドリンク・ランチ付き)でUS110ドル(12,000円)前後が相場。 ※レンタル機材など除く。
ほかに、離島(カープアイランド、ペリリュー島)などのダイビング宿&サービス発のツアーもあり。
パラオ・コロール州海域でダイビングを行う際には、25ドルのダイビング税が別途必要、また、安全装備のシグナルフロートの携行が義務付けられているので注意。
パラオは流れのあるポイントではカレントフックを推奨しています。各ダイブショップで購入可能。(25ドル前後)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索