魚と向き合うダイビング。浅場の人気モノ「ギンガハゼ」は黄色を狙え!

パラオ・パラオ・ダイビングの現地ガイド記事

Subscribe with livedoor Reader RSS

魚と向き合うダイビング。浅場の人気モノ「ギンガハゼ」は黄色を狙え!

掲載日:2009/02/26 テーマ:ダイビング 行き先: パラオ / パラオ ライター:秋野ヒロシ

タグ: ダイビング 美しい



ABガイド:秋野ヒロシ

【ダイビングのABガイド】 秋野ヒロシ
全ガイドを見る
パラオ在住。ダイビングガイド。97年に武者修行のために訪れた時に、この海に惚れ込み早10年。「データ」が大好きでいろんなコトをすぐに数字化して分析したがる「分析フェチ」。ブダイ以外の魚はだいたいイケルが、外洋性一発系の魚に果てしないロマンを感じる。日本酒より焼酎。肉より魚。苦手なのは甘い物。

これがギンガハゼの黄化固体。青い点が黄色の体色にとてもよく映える。僕も大好きな魚の一つです これがギンガハゼの黄化固体。青い点が黄色の体色にとてもよく映える。僕も大好きな魚の一つです

パラオの内海には楽しい被写体が沢山

パラオには外洋だけでなく内海にも沢山ダイビングポイントがあります。その多くは流れが弱く、ゆっくりと潜れる場所ばかりで老若男女、初心者から上級者まで皆が楽しめます 。内海なのでシーズンも通年OKですし、ポイントも港から近く20分圏内だから移動も楽。そういえば最近は初心者でもデジカメを防水ケースに入れて持っていらっしゃる方が増えています。外洋だとどうしても流れがあるので上手に撮れないこともあったりしますが、こういう内海のポイントなら安心してのんびりと写真も撮ってもらうことができるのでお勧めです。初めてのパラオだし、カメラを持っていくのはちょっと…と考えてしまいがち。しかし持って入れそうなポイントだけ持って行ってみる、と考えをシフトしてみれば、また楽しみの幅も広がるのではないでしょうか。

 

パラオはレインボーズ・エンド(虹の終着点)と言われるほど虹が良く出る。特にダブルレインボーはラッキーの象徴。見れたらいい事ありそうだ パラオはレインボーズ・エンド(虹の終着点)と言われるほど虹が良く出る。特にダブルレインボーはラッキーの象徴。見れたらいい事ありそうだ

銀河と名が付く驚くほどに美しいハゼがいる

そんな内海のポイントであれば大体どこでもあるのが白い砂地。こんな地形があったら目を凝らしてみてみると砂地の上にギンガハゼを見つけることが出来ます。
ギンガハゼはその体に青い星のような点が美しくちりばめられています。まさに夜空の銀河。命名した人のセンスはなかなかです。なんともロマンチックじゃないですか。本来、ギンガハゼの体色は白が基本。しかしパラオには黄化固体と呼ばれる黄色のギンガハゼのほうが多いのも特徴なんです。そしてこの黄色いギンガハゼは写真のように、ビシッと撮れるとこれまた何とも言えず美しいのです。

 

島にはあちこちに花が咲いている。ダイビングから戻ったらふと周りの景色も見てみよう 島にはあちこちに花が咲いている。ダイビングから戻ったらふと周りの景色も見てみよう

根気よく狙えば誰でも楽しめる

ギンガハゼに限らずハゼ全般は基本的に臆病です。しかしご安心を。下は砂地なのでべったりと這いつくばって、ゆっくりと寄っていけばかなり近くで撮影する事ができるのです。初心者の人のほとんどは魚に対する寄りのスピードが速すぎることが撮影の失敗を招いているようです。ギンガハゼの場合は、まず2mほど前で一度止まって、体勢を低くして、そこからゆっくりと寄るようにすると上手く寄れます。その時呼吸もゆっくりと。とにかく魚を驚かさないようにしてあげるのが撮影のコツ。上手に撮れたきれいな写真はきっと自分の宝物になること請け合い。日の光が沢山入る、明るい午後の時間をのんびりと魚と向き合うダイビング。きっとハマルと思いますよ。

 

内海にはサンゴも沢山ある。気に入った綺麗なサンゴを探したらすかさずパチリ。きっといいカットが撮れますよ 内海にはサンゴも沢山ある。気に入った綺麗なサンゴを探したらすかさずパチリ。きっといいカットが撮れますよ

【関連情報】

アクセス:旧首都コロールのホテル滞在の場合は、各ダイビングサービスにより終日2ダイブ(送迎・ドリンク・ランチ付き)でUS120ドル(13,000円)前後が相場。※レンタル機材など除く。
ほかに、離島(カープアイランド、ペリリュー島)などのダイビング宿&サービス発のツアーもあり。
パラオ・コロール州海域でダイビングを行う際には、25ドルのダイビング税が別途必要、また、安全装備のシグナルフロートの携行が義務付けられているので注意。
パラオは流れのあるポイントではカレントフックを推奨しています。各ダイブショップで購入可能。(25ドル前後)
リーフを保護する意味からも、グローブの使用は自主的に控えるようにしよう。

 
 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/02/26)
※渡航前に必ず現地の安全情報をご確認下さい。http://www.anzen.mofa.go.jp/
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

最安値パラオ格安航空券



最安値パラオツアー


最安料金万円

合算 目安 7.68万円8.58万円
旅行代金: 7.288.18万円
燃油目安: 0.40万円
5日間
成田発

日程表を見る

■4・5月出発日限定でお得な料金になりました!お得なツアーのため座席数に限りがございます。■「ココロホテル」指定パラオのアットホームなプチホテル。リピーターの多いホテル。2、3階が客室、4階がフロ…

旅行会社/ブランド:ドリームホリデー

合算 7.78万円8.28万円
旅行代金: 7.788.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

パラオ ツアー

5月はパラオの専門店ナイスデイツアーの『取れトク』でパラオへ!! ココロホテルに泊まる5日間フリータイム

ホテル:ココロ ホテル(パラオ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

航空座席とホテルが取れればホントにお得なナイスデイのキャンペーン。空いてて良かった!!○成田からデルタ航空直行定期便でわずか4時間30分!○お手頃でアットホームなココロホテル泊(朝食付き)にてご案…

旅行会社/ブランド:ナイスデイツアー

合算 7.98万円8.48万円
旅行代金: 7.988.48万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

パラオ ツアー

5月はパラオの専門店ナイスデイツアーの『取れトク』でパラオへ!! VIPゲストホテルに泊まる5日間フリータイム

ホテル:VIPホテル(パラオ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

航空座席とホテルが取れればホントにお得なナイスデイのキャンペーン。空いてて良かった!!○成田からデルタ航空直行定期便でわずか4時間30分!○お手頃で人気なVIPホテル泊にてご案内○シンプルなフリー…

旅行会社/ブランド:ナイスデイツアー

合算 目安 8.00万円8.50万円
旅行代金: 7.608.10万円
燃油目安: 0.40万円
5日間
成田発

パラオ ツアー

【成田発】スペシャルプライス!デルタ航空直行便利用5日間パラオ *** DWモーテル宿泊 *** フリープラン

ホテル:DW・モーテル(パラオ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

★4月5月の限定日設定のスペシャルプライスです!!★コロール中心部に位置するこのDWモーテルは、ナショナル スタジアムおよびアサヒ スタジアムから徒歩 10 分圏内です。全 20 室の客室にはWi…

旅行会社/ブランド:mic21 buddytour

合算 8.18万円8.68万円
旅行代金: 8.188.68万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

パラオ ツアー

5月はパラオの専門店ナイスデイツアーの『取れトク』でパラオへ!! ウエストプラザ系ホテルに泊まる5日間フリータイム

ホテル:ウエストプラザホテル系(パラオ)
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

航空座席とホテルが取れればホントにお得なナイスデイのキャンペーン。空いてて良かった!!○成田からデルタ航空直行定期便でわずか4時間30分!○お手頃で人気なウエストプラザ系ホテル泊(5つのホテルより…

旅行会社/ブランド:ナイスデイツアー

合算 8.28万円
旅行代金: 8.28万円
燃油:旅行代金に含まれています
5日間
成田発

パラオ ツアー

5月はパラオの専門店ナイスデイツアーの『取れトク』でパラオへ!! アイライウォーターパラダイスホテル&スパに泊まる5日間フリータイム

ホテル:アイライ・ウォーターパラダイス・ホテル&…
航空会社:デルタ航空 指定

日程表を見る

航空座席とホテルが取れればホントにお得なナイスデイのキャンペーン。空いてて良かった!!○成田からデルタ航空直行定期便でわずか4時間30分!○パラオで唯一のウォータースライダーを持つアイライウォータ…

旅行会社/ブランド:ナイスデイツアー


 
エイビーロードTOPへ

海外旅行の比較検討サイト エイビーロードでぴったりの海外ツアーが探せる、見つかる! 160社超の旅行会社の提供するツアー・航空券、海外ホテルの比較検討ができます。
海外旅行に必要な現地の情報『海外旅行徹底ガイド』や現地在住のABガイドも要チェック!


おすすめガイド記事