page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ポナペ(ポンペイ)旅行・ポナペ(ポンペイ)観光徹底ガイド

ポナペ(ポンペイ)旅行・観光の見どころ・観光情報

ポナペ(ポンペイ島)は、太平洋上のマーシャル諸島の西、パプアニューギニアの北あたりに位置する島で、ミクロネシア連邦の首都バリキールもポナペにある。ポンペイとはポンペイ語で「石積み (pehi) の上に (pohn) 」という意味。通貨は米ドル。観光名所としては、巨石文化の名残を感じさせる遺跡や大きな石貨などがあるが、ここではやはり透明度の高い海でのダイビングやマリンスポーツがおすすめだ。ほかにもシュノーケリング、カヌー、カヤック、フィッシング、島内のハイキングなどのアクティビティが楽しめる。(2016年9月編集部調べ)

ポナペ(ポンペイ)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2019/12/13現在) フライト時間 現地との時差
英語 USD 1 USD = 109.31092 約9.0時間 約1時間

ポナペ(ポンペイ)の人気問合せ情報

ポナペ(ポンペイ)の最安値カレンダー

ポナペ(ポンペイ)旅行・観光の選び方

ダイビングツアーが中心でポンペイ滞在タイプが多いが、ヤップ諸島に行くツアーも

日本からの直行便はなく、たいていのツアーはグアム乗り継ぎ便を利用する。8日間でチュークとポナペの2エリアを回るツアーが主。ポナペの海岸線は入り組んでいて大部分が豊かなマングローブで囲まれ、ラグーンへ栄養素が運ばれていくため、ブラックマンタに代表されるように大型魚や回遊魚はもちろん、リーフに囲まれているので魚種も豊富。世界でも珍しい海上都市の遺跡「ナンマドール遺跡」も、ぜひ訪れてみたい。島のレストランでは、アメリカンタイプの料理が多いが、場所によりタロイモやパンの木の実を使った郷土料理も食べられる。(2016年9月編集部調べ)


ポナペ(ポンペイ)のグルメ・伝統料理

ポンペイでのグルメの楽しみは、なんといっても新鮮なシーフード類。日本ではお目にかかれないような巨大なロブスターや活きのいい魚は、シンプルに料理しただけでグルメも満足の食事ができる。また運がよければ椰子ガニが食べられることもある。現地では主食は米で、タロイモやヤムイモもよく食べられているが、かつて日本の統治下にあった歴史から、刺身をはじめ日本の食文化も残っており、日本食を食べられるレストランもある。(2015年編集部調べ)

ポナペ(ポンペイ)のショッピング情報

手つかずの自然が残るポンペイ島では、小規模なショッピングセンターやスーパー、商店がある程度。ブランド品のショッピングなどは一切無いので、グアムの乗り継ぎ便などを利用する場合は空港などでの購入をすすめる。お土産の中心は、南国らしい貝を使ったハンドメイドのアクセサリーやカピンガマランギ村のポリネシア系住民が作る、マングローブの根を使った手工芸品など。特産品には胡椒があり、その品質の素晴らしさは世界からも注目されて評判も高い。手頃な値段なのでお土産としても喜ばれる。(2015年編集部調べ)

ポナペ(ポンペイ)のオススメツアー

ポナペ(ポンペイ)旅行・ポナペ(ポンペイ)観光徹底ガイド

3件ヒットしました (1旅行会社 21.80〜34.50万円)
  • 1|

合算燃
目安
29.10
33.00

旅行代金: 26.30〜 30.20

燃油目安燃: 2.80

7日間

成田発

ホテル:
サウスパーク、トラック・ブルー・ラグーン・リゾート
航空会社:
ユナイテッド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
21.80
27.70

旅行代金: 20.90〜 26.80

燃油目安燃: 0.90

6日間

成田発

ホテル:
サウスパーク
航空会社:
ユナイテッド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
30.60
34.50

旅行代金: 27.80〜 31.70

燃油目安燃: 2.80

7日間

成田発

おすすめ情報

ミクロネシア連邦・グアム・マーシャル諸島 (ポナペ(ポンペイ)、マーシャル諸島、グアム) ツアー

ホテル:
ロバート・レイマーズ・ホテル、サウスパーク
航空会社:
ユナイテッド航空(時間帯指定なし)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

3件ヒットしました (1旅行会社 21.80〜34.50万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook