世界遺産「メ渓谷自然保護区(メイ渓谷)」の詳細情報

セイシェルの世界遺産・名所ガイド

Vallee de Mai Nature Reserve

メ渓谷自然保護区

名称:メ渓谷自然保護区(セイシェル
英語名称:Vallee de Mai Nature Reserve
ジャンル:世界遺産
分類:自然遺産
登録年:1983年

原始植生の名残とされるフタゴヤシの生育地

セーシェル共和国は、ケニアの東方のインド洋上に浮かぶ約100の島からなる海洋国家。メ渓谷自然保護区は、その中のプラスリン島・プラスリン国立公園にある原生林を中心とした小規模な一帯だ。そこには原始植生の名残りとされ、「地球最大の実」をつけるといわれるフタゴヤシの原生林がある。フタゴヤシは約25年かけて最初の花をつけ、そこからまた長い年月を経て直径約50cm、重さ約20kgの巨大な実を結ぶ。世界のフタゴヤシの4分の1にあたる約5000本が、この一帯に集中している。中には樹齢800年を超えるものもある。ほかにも絶滅が危惧されているコクロインコ、ミミズのような両生類アシナシイモリなど、セーシェル固有の動物が数多く生息している。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


セイシェルの世界遺産「メ渓谷自然保護区」についてご紹介します。メ渓谷自然保護区の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。