フィジーショッピング・お土産ガイド

フィジーショッピング・お土産ガイド

フィジーのショッピング情報

ショッピングであればナンディタウンが一番充実している。リゾートライフを楽しむならパレオが1枚あると便利。フィジーではスルと呼ばれる。水着の上に巻いてドレスにしたりできる。トロピカルな柄の布はお土産としても最適。日本でもベッドカバーやテーブルクロスとして使える。お土産屋でよく見かけるのが、大きな木彫りの器。タノアと呼ばれ、フィジーでは伝統の儀式カバを飲むときに使われるもの。観光客のお土産用に小さくアレンジしたものも売られている。(2015年編集部調べ)


フィジーの特産品・ブランド

高額でもいいのでフィジーならではの特産品をということであれば、タパクロスがおもしろい。木の皮をなめした厚めの丈夫な和紙のような素材の布に茶色や黒で模様が描かれたもの。デザインは幾何学的な模様から動物や木々をモチーフにしたものまでさまざまだが、どれもフィジーならではののびやかな筆致で描かれている。現地では結婚式の衣装として実際に着用されることもあるという。すべて一点ものなのでクオリティの高いものは値段も張る。タパクロスをモチーフにしたハンカチや雑貨などであれば安く手に入る。

フィジーの市場・免税店・お買い物スポット

お土産屋やスーパーマーケットが立ち並んでいるのは、ナンディタウンのメインストリート。といっても南北に延びる1.5キロくらいの道なので、のんびり歩いてショッピングが楽しめる。大型のお土産屋には日本語が話せるスタッフもいるので、言葉の心配もいらない。青空の下、南の島らしい買い物を楽しみたいのならハンディクラフトマーケットへ。商品のクオリティは要チェック、値段は要交渉。しかし安い掘り出し物が見つかる可能性も大だ。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


フィジーショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるフィジーの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
フィジーのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!