page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
タヒチ・タヒチ・ビーチの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

憧れのタヒチの水上バンガローも、ここなら手が届く!


掲載日:2020/11/10 テーマ:ビーチ 行き先: タヒチ / タヒチ

タグ: お得 水上コテージ 憧れ


タヒチは7月から受け入れスタート

地上の楽園タヒチは、楽園のままのようです。早く直行便が復活してほしいものです 地上の楽園タヒチは、楽園のままのようです。早く直行便が復活してほしいものです

新型コロナウイルス感染症に関連して、タヒチは2020年7月15日から、空路で訪れるすべての国からの観光客を、条件付きで受け入れを開始。条件は、国際線出発前3日以内に実施されたRT-PCR検査の陰性証明があり、電子旅行情報システムで事前に行う健康情報登録受領書を提示。タヒチ滞在中は、到着日から4日後に自己検査を実施すること。現地ホテルのPRの方のお話によると、欧米のセレブなゲストはだいぶ戻ってきていて、滞在日程は長期の傾向があるそうです。今月はそんなタヒチのリゾート情報を。憧れの水上バンガローが実はお手頃、かつ、いい雰囲気のリゾートをご紹介します!

1室4万円ちょっとで水上バンガロー泊が実現!

ロイヤル・フアヒネの水上バンガロー。時期によっては1室2万円台で滞在することが! ロイヤル・フアヒネの水上バンガロー。時期によっては1室2万円台で滞在することが!

ボラボラ島の水上バンガローは、1泊10万円以上も、珍しいことではありません。ハネムーンや特別な日に、大切な思い出作りのために滞在するのはステキです。が、ここでは普段使いというか、通常の旅でも手が届く水上バンガローをご紹介しましょう。ソシエテ諸島のフアヒネ島にある「ロイヤル・フアヒネ」。こちら、正規レートで水上バンガローは4万1900パシフィックフラン。1室料金なので、2名利用ならば一人につき2万円ちょっとで滞在できます。しかもシーズンによっては2万円台になることも。パッケージツアーや旅行予約サイトで探せば、さらにお得なプランが見つかるはずです。たしかに、室内のインテリアに、派手さはありません。でも、ゆったりとしたスペース、広いテラスエリア、ポリネシアの伝統的な建築様式などを考えたら、お値打ちです!

小さな入り江に客室は40。こぢんまり感が心地いい

ロイヤル・フアヒネのガーデンバンガロー。木々や花々に囲まれ、水上やビーチでなくても、南の島気分が味わえます ロイヤル・フアヒネのガーデンバンガロー。木々や花々に囲まれ、水上やビーチでなくても、南の島気分が味わえます

ロイヤル・フアヒネが位置するのは、2つの島からなるフアヒネ島の大きい方、中心地のファレがあるフアヒネ・ヌイ。ただしファレから陸路ではなく、ボートでアプローチするため、どこか離島へ渡ったような気分です。ファレからの所要時間は約20分。背後に小高い山が控えた、小さな入り江に展開するリゾートに到着します。客室はガーデンバンガロー18室、ビーチバンガロー11室、水上バンガロー11室の合計40室。ガーデンバンガローは手入れされた芝生に点在し、ビーチバンガローは波打ち際がすぐそば。水上バンガローは西向きで、沖にライアテア島とタハア島を望みます。こぢんまり感がちょうどよく、アイランドリゾート特有のゆるやかな空気に包まれているのも、心地がいいです。

小さなリゾートでのんびり。1日は島の周遊ツアーへ

フアヒネ島1日ツアー。人懐っこいタヒチアンの歌あり、踊りあり、ジョーク満載の1日に フアヒネ島1日ツアー。人懐っこいタヒチアンの歌あり、踊りあり、ジョーク満載の1日に

リゾート施設としては2つのレストランとバー、そして小さなプール、小さなブティックがあるくらい。それでも、タヒチの太陽を受けてリラックス日々を送るには、十分と思えてくるでしょう。リゾート内でひたすらのんびりもステキな過ごし方ですが、せっかくならフアヒネ島を周遊する1日ツアーに参加してはいかがでしょう? 別名「ガーデンアイランド」、あるいは「タヒチの秘密の島」と呼ばれるフアヒネ島は、濃密な自然に恵まれ、古代マラエ(祭祀遺跡)が残り、サーファー垂涎のビッグウェイブが訪れる島でもあります。ツアーでは青い目の巨大ウナギが生息する川にも訪問! 陽気な人々との触れ合いも楽しく、素朴であったかいタヒチに出会える島です。

■取材協力
タヒチ観光局
https://tahititourisme.jp/ja-jp/

エア タヒチ ヌイ
https://www.airtahitinui.com/jp-ja

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/11/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索