page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

タヒチ旅行・タヒチ観光徹底ガイド

タヒチ旅行・観光の見どころ・観光情報

南太平洋のフランス領ポリネシアに属するタヒチ諸島。画家ゴーギャンが愛して、晩年を過ごした地としても有名だ。首都のパペーテには公共機関が集まるほか、ブティック、植物園、マルシェなどの見どころがある。高級リゾートホテルは、高速船で移動した先のボラボラ島やモーレア島に多く、海の上に浮かぶ水上コテージは特にハネムーナーに人気が高い。フリータイムにはクジラやイルカのウォッチングツアーやタヒチアンダンスディナーなど、オプショナルツアーを利用して思い思いに過ごそう。(2016年9月編集部調べ)

タヒチへ行くツアーを見る この国のツアー料金相場を見る

タヒチの人気問合せ情報

タヒチの最安値カレンダー

タヒチ旅行・観光の選び方

カップルやハネムーナーなら、水上コテージで二人っきりのバカンスを

タヒチへのツアーはツアー期間6日間のものが中心。日本からタヒチへ行く場合は日付変更線を通過するため、現地での滞在時間に注目してツアー期間を選びたい。ハネムーン旅行なら、美しいブルーラグーンに浮かぶ水上コテージに宿泊するプランで、ロマンティックな時間を過ごそう。カヌーで届けられる朝食は、水上コテージならではのぜいたく。ダイビングやマリンスポーツがメインで、水上コテージにこだわらなければ予算ダウンも可能なので、旅の目的と予算に合わせてツアーを選ぶといいだろう。モーレア島日帰り観光やタヒチアンダンスを観ながらのディナーなどオプショナルツアーも充実している。(2016年9月編集部調べ)


タヒチのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示

フランス領のタヒチの食は、ビーチリゾートの中ではハイレベル。フレンチをベースにした新鮮なシーフード料理や、名産の香り高いバニラビーンズを使ったデザートなど、どれも美味。ただし物価が高い土地柄なので、予算は覚悟を……。郷土料理は生魚をココナッツミルクとライムでマリネした「ポワソンクリュ」。前菜としてメニューに並んでいることが多い。タヒチのビール「ヒナノ」やフレンチワインと一緒に、食事を楽しみたい。(2015年編集部調べ)

タヒチのショッピング情報

ハネムーナーの憧れの国タヒチ、旅の記念に黒真珠のアクセサリーをおねだりしてみてはいかが? 重厚なネックレスから手頃なチョーカーまで、デザインや種類も豊富。また、手染めのパレオやタヒチアンキルトのティファイファイ、木彫りのティキ像をあしらったアイテムなど、細やかな手作業の工芸品も人気がポピュラーなお土産。肌や髪をしっとりさせる香り高いモノイ・オイルやヒナノビールも、五感でタヒチを思い起こさせるはず。(2015年編集部調べ)

タヒチ航空券/空港・主要都市へのアクセス情報

タヒチで日本と定期便がある空港はパペーテのパペーテ・タヒチ国際空港。ここは南太平洋に浮かぶ島々だが、フランス領であるため公用語はフランス語、通貨もパシフィックフランが使われている。タヒチではパペーテのパペーテ・タヒチ国際空港が唯一の国際空港なので、タヒチを訪れる外国人は必ずこの空港に降り立つが、ここからさらに国内線のプロペラ機で他の島を訪れる観光客も多い。モーレア島、ボラボラ島、ランギロア島などで、パペーテ・タヒチ国際空港はタヒチのリゾート島の玄関口なのである。また日本人にとってはチリのイースター島へ行くときの中継地という役割も果たしている。
(※2012年1月時点。事実が変更している可能性がありますので事前にご確認下さい。)

現地ガイド発!タヒチの観光最新情報

  • タヒチのオススメツアー

    タヒチ旅行・タヒチ観光徹底ガイド

    ご希望にあうツアーがございませんでした。
    申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

    戻る


    主な航空会社はこちら

    ソーシャルメディアアカウント

    • twitter

    • facebook