page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

アルバニア北部の町、シュコドラを推したい理由をまとめました


何がよかったのかを検証

シュコドラから首都ティラナへ向かう人も多い シュコドラから首都ティラナへ向かう人も多い

シュコドラはアルバニア北西部にある都市。古代からの長い歴史をもち、北部の文化・経済の中心地となっています。旅行者にとっては、首都のティラナや周辺諸国への中継地点でもあるため、宿にはシュコドラを1泊だけして去っていく人も多かったです。そんな町に1週間近く滞在していた私。それを言うと「どうして?」「ここで何しているの?」などと素で訊かれたりもしましたが、着いてたちまち気に入ってしまったのです。もっと見どころの多い町もあるなか、「ここでいい」、いや「ここがいい」。数日居すわることになった、シュコドラの良さを挙げたいと思います。

可愛い町に普通の生活がある

何度も歩きたくなる、おしゃれな遊歩道 何度も歩きたくなる、おしゃれな遊歩道

とにかく通りの雰囲気がいいのです。こぢんまりとした町に並ぶ建物は古さと美しさを併せもち、渋い風景もあれば、ラブリーな通りも。おしゃれなのに気取っていなくて、地元の人たちの飾らない生活がありました。のんびりと時間が流れ、公園のベンチでは、お年寄りが集まっていて楽しそう。ゴチャッとした庶民的な商店街が充実しているかと思えば、いかにもヨーロッパといった近代的なスーパーマーケットもあったりして、暮らしやすそうに見えました。こういう町は、旅人にも便利ですよね。

地元の人たちがやさしい

露店が並び、気さくな雰囲気が漂う通り 露店が並び、気さくな雰囲気が漂う通り

町で写真を撮っていると、通りすがりに「ハロー」などと言われることがあり、アジア人はまったく見ないのに「コンニチハ」という声すら聞くこともありました。アイスクリーム屋さんでアイスを受け取って、財布をしまおうとゴソゴソしていたら、お客のおばあさんが「アイス持ってあげるよ」的なしぐさで助けてくれたりして、やさしいんです。大型店のレジでは、近くにいた警備員の中年男性が遠慮がちに「どこから来ましたか?」と現地語で話しかけてきて、英語の上手なレジの女性を含めてみんなで会話したことも。ちょっと控えめでフレンドリー、そんな町の人たちの性格のせいで居心地がよかったです。

素晴らしい自然がある

ロザファ城から見たシュコダル湖の風景 ロザファ城から見たシュコダル湖の風景

街歩きだけでも楽しいのですが、近場でいくらでも美しい自然にふれることができます。町は大きなシュコダル湖に面し、丘の上に建つロザファ城からの眺めは絶景! 町の暮らしと豊かな自然が共存していて、とても贅沢です。初めは「どこでもいいから、アルバニアという未知の国に行ってみたい」という気持ちで訪れたシュコドラ。あまり知られていない国の一地方都市ながら、「ここに来るためにバルカン半島を旅してきたのかも」、そんな気持ちにさえなった場所。派手さはないけど、しみじみと心に残るおすすめの町です。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/07/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索