世界遺産「ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域(ゲハルト修道院)」の詳細情報

アルメニアの世界遺産・名所ガイド

Monastery of Geghard and the Upper Azat Valley

ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域

名称:ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域(アルメニア
英語名称:Monastery of Geghard and the Upper Azat Valley
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

岩壁をくり貫いて築かれた洞窟聖堂と歴代王の廟

ゲガルト修道院とアザート峡谷の上流域は、コタイク地方のゴフ村の近くにある。修道院はそびえ立つ崖に囲まれ、アザート渓谷の入口に位置している。最初の修道院は4世紀に設立、9世紀にアラブ勢力により破壊されたが、13世紀に再建された。ゲガルトは「槍」の意で、キリストの磔刑(たっけい)に使われたという槍がこの地で発見されたことに由来する。中世アルメニア建築の最盛期を物語る洞窟聖堂が築かれ、洞窟修道院とも呼ばれる。僧院や礼拝堂、食堂などは、中央聖堂北側に接する岩盤を穿って造られ、僧院内には、十字架を彫った石盤が設置され、アルメニアの歴代の王の霊廟もある。こうした建築物が、アザート渓谷の豊かな自然と見事に融合している。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

ゲハルト修道院に関する写真

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アルメニアの世界遺産「ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域」についてご紹介します。ゲガルト修道院とアザート渓谷上流域の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。