世界遺産「エチミアジンの聖堂と教会及びズヴァルトノツの考古遺跡(エチミアツィン)」の詳細情報

アルメニアの世界遺産・名所ガイド

Cathedral and Churches of Echmiatsin and the Archaeological Site of Zvartnots

エチミアジンの聖堂と教会及びズヴァルトノツの考古遺跡

名称:エチミアジンの聖堂と教会及びズヴァルトノツの考古遺跡(アルメニア
英語名称:Cathedral and Churches of Echmiatsin and the Archaeological Site of Zvartnots
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

アルメニア教会初の大主教座と大聖堂

どちらもアルメニアの首都エレバンの近郊にある。7世紀のアルメニア教会群は当時の建築技術が駆使され、ビザンティン建築を牽引した。トルコのアララト山北のエチミアジンに建設された大聖堂は、シンボルの鐘楼の外壁に繊細な石細工が施されている。教会内部の天井や柱は華麗なフレスコ画やアラベスク模様の装飾があり、宝物館にはキリストの脇腹を刺した聖槍、ノアの方舟の欠片などが展示されている。ほかに、古典的完成の域に達した聖フリプシメ教会、聖ガヤネ教会、聖アストゥアツァンティン(生神女)教会などが並ぶ。またマイタル・チャタル(母なる教会)を中心に神学大学、博物館、図書館、宗務院、また十字架石がある。エチミアジンの郊外に、7世紀創建のズヴァルトノツの遺跡がある。聖堂の跡は野ざらしだが、円形に配置された柱の数々が当時をしのばせる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

エチミアツィンに関する写真

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


アルメニアの世界遺産「エチミアジンの聖堂と教会及びズヴァルトノツの考古遺跡」についてご紹介します。エチミアジンの聖堂と教会及びズヴァルトノツの考古遺跡の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。