page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

グラーツ旅行・グラーツ観光徹底ガイド

グラーツ旅行・観光の見どころ・観光情報

グラーツはオーストリア第2の都市。ウィーンから150kmほどの日帰り圏内にあり、旧市街に残る中世の建物が世界遺産に登録されている、人気の観光地だ。旧市街の北にあるシュロスベルクの丘には、歴史上最強ともいわれた城塞が今も残っており、その時計塔はグラーツのシンボルとなっている。この時計塔は長針が時を、短針が分を指しているユニークなもので、遠くからでも時間が分かりやすくするために設計されたものだ。ここから眺める赤煉瓦屋根の旧市街の街並みの美しさは圧巻だ。(2016年9月編集部調べ)

グラーツへ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2018/12/17現在) フライト時間 現地との時差
ドイツ語 EUR 1 EUR = 128.22850 約14時間 約-8時間

グラーツの人気問合せ情報

グラーツの最安値カレンダー

グラーツ旅行・観光の選び方

世界遺産の町の見どころは、ウィーンからの日帰り観光でも充分堪能できる

グラーツを訪れるツアーは少なく、ウィーンやザルツブルクなどオーストリアの数都市を巡る周遊ツアーに含まれることがある。ただしウィーンからの日帰り観光も可能なので、オプショナルツアーなどを利用して訪れてもいいだろう。ウィーン1都市滞在のフリープランなら、ツアー期間5日間から。町はずれにあるエッゲンベルク城には、秀吉時代の大阪を描いた貴重な屏風が残っている。ただしこの城は冬場はクローズしているので、旅行時期に気をつけよう。グラーツでは旧市街の散策を楽しんだら、地元の素材を使った料理を味わってみよう。気軽なカフェから伝統的なレストランまで様々な店がある。(2016年9月編集部調べ)


グラーツのグルメ・伝統料理

グラーツがあるシュタイヤマルク州には、ワイン街道が通っている。グラーツから車で30分程度離れると、ワイン用のぶどう畑が広がっている。ここで生産されるワインはグルメも垂涎の世界トップレベルだ。グラーツには、簡単な料理と地元のワインを出す、ブッシェンシャンクというワイン居酒屋がある。オーストリアのグルメ首都ともいわれるグラーツなので、市内のレストランでも新鮮な地元の食材を使った食事を楽しめる。地元のワインと一緒にどうぞ。(2015年編集部調べ)

グラーツのショッピング情報

グラーツでは、日曜以外の毎日、中心地にたつ朝市「カイザーヨーゼフマルクト」を訪れてみよう。地元の買い物客に混じって、市場をのぞくのは楽しい。おすすめは、パンプキンオイル。地元特産のかぼちゃのタネを絞ってつくった逸品だ。オリーブオイルのようにパンにつけて食べたり、ポタージュスープにひとたらしすると美味しいだけでなく、サラダにかけてもいい。地元産の果物をつかったジャムもおすすめで、色とりどりの瓶にはいっていてお土産にもぴったりだ。(2015年編集部調べ)

グラーツの気温・降水量ベストシーズン情報

首都ウィーンと同じような気候。夏は天気がよく暑いときには、30度くらいまで気温が上がることもあるが湿気がないのでさわやか。日本とは、寒いほうへ半月から1か月程度ずれていると思って服装の支度をするとよい。(2015年編集部調べ)

グラーツのオススメツアー

グラーツ旅行・グラーツ観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook