page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

ホステルで個室だと思ってシングルベッドを予約したら男女相部屋!? 凄いことに!


掲載日:2019/11/23 テーマ:安宿 行き先: オーストリア / グラーツ

タグ: ひとり旅 安宿 節約


ホテルや安宿の種類、アパートメントホテルは割と安く泊まれます

ホテルサイトでこれと同じ画像を見て、てっきり個室と勘違いした筆者。 ホテルサイトでこれと同じ画像を見て、てっきり個室と勘違いした筆者。

今年の6月から7月に約半月ほど中欧を旅しました。宿泊ホテルはメリハリをつけて4つ星、3つ星、ゲストハウスの個室、ホステルのドミトリーとさまざまな宿を泊まり歩きました。ヨーロッパには、高級ホテルから安ホテル、キッチン付きのアパートメントホテル、朝食と客室を提供し安く泊まれるベッド・アンド・ブレックファスト、シャワーとトイレは共同で利用し素泊まりに近いゲストハウスやホステル、などといった宿の種類があります。近年はエアーBアンドBという、個人宅を開放して宿にしているところも人気が出ていますね。ドミトリーとは、個室ではなく1部屋7~8人が一緒に泊まる相部屋で、ベッドも2段ベッドが基本となります。注意したいのは「ホステル」。かつてはユースホステル(YH)協会の宿を指していましたが、現在はYH協会とは別に、〇〇ホステルと名の付く宿が増えています。くれぐれも、YH協会の会員になっているからと間違って予約しないようにしましょう。

ホステルではツインベッドのひとつが1人用ベッドのことも!

チェックインして部屋に入って初めて男女共同の相部屋とわかりました。 チェックインして部屋に入って初めて男女共同の相部屋とわかりました。

旅の行き先はオーストリアのウィーン、グラーツ、インズブルック、チェコのプラハでした。東欧に比べるとオーストリアのホテル料金は高めなので、ウィーンの次に訪れたグラーツでは、ホステルを予約。ホステルでも個室があるところも多いので、サイトの画像を見て1泊4023円とヨーロッパでは激安の部屋にしました。当然、写真からして個室だとばかり思っていたので、チェックインしてそこが男女相部屋だと分かり、相当なショックを受けました。自分の確認不足を後悔しつつ仕方ないと諦めました。たった1泊だし、と心に言い聞かせて。泊まったのは「AアンドOグラーツ・ハウプトバーンホフ」というグラーツ駅から徒歩5分ほどの宿。部屋は白と青で統一されていて、広くて清潔感もありました。筆者のベッドはツインの形でしたが、ダブルのようにくっ付けてあったので、2つのベッドを全部使っていいものかと思い込み、後からやってきた2段ベッドに泊まる男性2人に対して、少し優越感をもったりもしていました。結局その日は男性2名と筆者を含め、3名がその部屋に泊まりました。

女性は男女相部屋のドミトリーは避けるべし

グラーツは小さな街だったので、1泊2日の予定で午前にそのホステルにチェックインして、午後から夜8時頃まで街を散策し、翌日の午後には次の街へ行く予定でした。夜戻ってきた相部屋は筆者だけの貸し切り状態。シャワーとトイレも部屋の中にあり、他の男性2人が戻ってくる前に、早々と寝る準備をして床に就きました。しかし、今年の6月末から7月初旬はヨーロッパはひどい熱波が襲い、エアコンのない部屋は暑くて眠れません。ウチワを扇ぎながら、なんとか明け方4時半頃にはウトウトと眠りにつこうとしていたその時、なんと、部屋のドアがバンッと開き、筆者のベッドの隣に体格のいい男性ツーリストが倒れるように潜り込みました。「ギャ〜〜ッ!!」と心の中で叫び、20分くらいして隣の男性が寝てしまうと、大急ぎで身支度を済ませて荷物をまとめて朝6時前にはロビーへ!女性ならまだしも、全く知らない男性とともにダブルベッドで寝るのは躊躇われます。

ホステルでは、しっかりと予約内容を確認しましょう!

オーストリアのインズブルックで泊ったアパートメントホテルは比較的安い割に立地も良く、綺麗で快適でした! オーストリアのインズブルックで泊ったアパートメントホテルは比較的安い割に立地も良く、綺麗で快適でした!

実は、これまでドミトリーの相部屋に泊まる経験がなかったで、つい確認を怠ってしまいました。長年旅を続けていて、こんな失敗は初めてでした。もしも、どうしても安宿に泊まらなくてはならずドミの部屋を予約するならば、女性ならば女性専用の部屋であることを必ず確認しましょう。また、アパートメントホテルやホステルでは、チェックインの際にフロントがなく、スタッフもいない宿があります。その場合はすべてマシンの画面に必要事項を入力し、すべてが完了して初めてドアが開きます。初めての人は戸惑うかもしれませんが、冷静になって入力を!チェックインの際は常に予約番号とパスポート番号などがすぐ分かるようにしておきましょう。
※記事の情報は2019年9月現在のものです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/11/23)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索