世界遺産「ヴァッハウ渓谷の文化的景観(ワッハウ渓谷)」の詳細情報

オーストリアの世界遺産・名所ガイド

Wachau Cultural Landscape

ヴァッハウ渓谷の文化的景観

名称:ヴァッハウ渓谷の文化的景観(オーストリア
英語名称:Wachau Cultural Landscape
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2000年

中世の城郭や修道院、ブドウ畑が織り成す風景

中央ヨーロッパ10カ国を流れ、黒海へと注ぐ全長約2800kmのドナウ川。この大河に沿ったオーストリア北東部のヴァッハウ渓谷は、メルクからクレムスに渡る約35kmの風光明媚な地域で、中世の古城や寺院が残る。ドナウ川が主要な交通手段であった中世、ウィーン上流のヴァッハウ渓谷は要衝として活況を呈し、丘にブドウ畑が広がるワインの産地として名を馳せた。この地にワインを根付かせたのは、ワインで客人をもてなす習慣のあるべネディクト会だった。渓谷の西の起点メルクには、「オーストリア・バロックの至宝」と謳われた同会のメルク修道院が残っている。これは11世紀の要塞を改築した渓谷のシンボルで、今も多くのクルーズ客が訪れる。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!オーストリアの世界遺産最新情報

2017/09/13 世界遺産

本場のトルココーヒーをウィーンで楽しもう

オーストリア旅行イメージ-ウィーンの伝統カフェで出されるトルココーヒー(カフェ・ムゼウム) ウィーンの伝統カフェで出されるトルココーヒー(カフェ・ムゼウム)

トルココーヒーとは、特別な容器で粉ごと水から煮たてたコーヒーのことで、カップには上澄みだけを入れて飲む。ジェズヴェと呼ばれる専用の小鍋で沸かされるトルココーヒーには特有の伝統と文化があり、2013年にユネスコの世界無形文化遺産に登録された。ジェズヴェとはアラビア語からきたもので、長い柄を持った小さな鍋のようなもの。なかなか目にすることがないが、トルコへ行くとどこの町の市場でも形は同じだが大きさと素材が異なるジェズヴェが並んでいる。一般には銅製が多く、それは熱が伝わりやすいのでコーヒーをうまく淹れることができるからだ。沸かしている途中で出てくるアクのような泡に旨味があるため、最初にこの泡をカップ…続きを見る



「ワッハウ渓谷」を含むツアー一覧


最安料金万円

合算 目安 16.86万円26.36万円
旅行代金: 15.7025.20万円
燃油目安: 1.16万円
8日間
成田発

オーストリア ツアー

◆ スタイリッシュ・ホテルで ゆとりの旅 ◆ ウィーン ⇒ プラハ 3連泊 古都 周遊  ・・ ウィーン/ホテル・アム・コンツェルトハウス …

ホテル:ホテル・アム・コンツェルトハウス・ウィー…
航空会社:エールフランス航空 指定

日程表を見る

...リンク通り 終日 自由行動 〇ワッハウ渓谷・ドナウ河クルーズ メルクか......いたる30kmほどの1帯はワッハウ渓谷・ドナウ河のもっとも風光明媚...

旅行会社/ブランド:ハートフルインターナショナル


世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オーストリアの世界遺産「ヴァッハウ渓谷の文化的景観」についてご紹介します。ヴァッハウ渓谷の文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。