世界遺産「フェルテー(ノイジードル)湖の文化的景観(フェルテー)」の詳細情報

オーストリアの世界遺産・名所ガイド

Ferto / Neusiedlersee Cultural Landscape

フェルテー(ノイジードル)湖の文化的景観

名称:フェルテー(ノイジードル)湖の文化的景観(オーストリア
英語名称:Ferto / Neusiedlersee Cultural Landscape
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2001年

塩田やブドウ園など自然の中での人々の営み

オーストリア東部とハンガリー北西部にまたがるヨーロッパ最大のステップ湖(内陸湖、平原湖)、塩水湖で、両国で名前が異なる。1993年にオーストリアのノイジードル湖=ゼーヴィンケル国立公園が保護区として承認され、2001年にハンガリーのフェルテー湖周辺を合わせた一帯が世界遺産に登録された。異なる文化が交差する場所で、独特の景観をもつ。ハンガリー側の町ショプロンは、バロック様式の教会や宮殿が残る中世の古都で、湖畔には大貴族エスターハージ家の館が残されている。オーストリア側の町ルストでは、塩田や丘陵地に広がるブドウ畑など、自然と溶け合った人々の営みがみられる。また湖周辺の湿地帯は野鳥の楽園で、280種の鳥類が生息している。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

現地ガイド発!オーストリアの世界遺産最新情報

2017/01/17 世界遺産

広すぎるので観光は計画的に。ウィーンの世界遺産シェーンブルン宮殿の見どころ(後編)

オーストリア旅行イメージ-子どもも大人も楽しめる迷路庭園 子どもも大人も楽しめる迷路庭園

「ウィーンの世界遺産シェーンブルン宮殿」前編からの続きです。シェーンブルンならではの見どころに、「迷路庭園」という面白いスポットがあります。その名の通り敷地内には迷路のように入り組んだ小さな庭園がふたつあり、中心のゴールまで行くにはあちこち歩かなくてはいけません。現在の迷路庭園ができたのは1998年のことですが、観光用に造られたわけではなく、最初の迷路庭園は1740年当時にもあったそうです。最初の迷路庭園は19世紀末になくなってしまうのですが、100年の時を超えて再現され、今では子どもたちの遊び場にうってつけのスポットとなっています。迷路庭園内には遊具が整ったスペースもあるので、観光に飽きてし…続きを見る



世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


オーストリアの世界遺産「フェルテー(ノイジードル)湖の文化的景観」についてご紹介します。フェルテー(ノイジードル)湖の文化的景観の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。