page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ザルツブルクグルメガイド

ザルツブルクのグルメ・伝統料理

古くから司教国家として栄えていたので、オーストリア料理というよりも食事はむしろドイツ料理に近い。グーラッシュ(ビーフシチュー)のように肉を煮込んだ料理や豚肉のソテーなどが多い。デザート菓子で有名なのがザルツブルガーノッケル。スフレのようにふわふわとしたやわらかいケーキで、ザルツブルク以外では滅多に味わえない。ザルツブルクから眺める山々をイメージしたお菓子で、連なる山を表しているためボリュームがある。そのためデザートなら十分に2人分、あるいは3人分はある。(2015年編集部調べ)


ザルツブルクのレストラン・屋台

突き出し看板が美しいことで有名なゲトライデガッセと大学広場の間の抜け道の中にある小さなインビス(軽食店)で作るボスナというホットドッグが有名。1950年代にボスニアからの移民が始めたホットドッグで、独特のスパイスとパリパリのパンが特徴。ここから広がったのか他の町にもボスナという名のホットドッグがあるが、ここのボスナがダントツにおいしい。ソーセージが2本入って2.3ユーロ。手渡す窓口だけで、食べるスタンドもないが、店には常に長蛇の列。

ザルツブルクの水・お酒

水道水は飲用可能だが、石灰分などを含む硬質。硬質が苦手な人はミネラルウォーターのペットボトルを購入しよう。ミネラルウォーターにはガスありとガスなしがあり、スーパーや町の中の小売店で購入できる。飲み物は一般にはワインよりもビールが主流。ザルツブルクには地ビールがあるので、存分に味わいたい。清涼飲料水のレッドブルというオーストリアの飲み物があり、ザルツブルクのサッカーチームがレッドブル・ザルツブルクなのでこの町ではレッドブルも飲み物としてメジャー。


現地ガイド発!ザルツブルクのグルメ・料理最新情報

2019/01/03 グルメ

ザルツブルクで行列ができる小さなソーセージ店、バルカン・グリル

ザルツブルク旅行イメージ-子供から老人まで、みんなボスナが大好き。 子供から老人まで、みんなボスナが大好き。

ホットドッグと言えば、細長いソーセージを同じ長さのパンに挟んだホットサンドイッチだ。ソーセージの本場ドイツでは、常設屋台のカウンターで頼むと、紙皿にソーセージとゼンメルと呼ばれる丸いパンが乗って出てくる。テイクアウトする場合はこのパンにソーセージを挟んでくれる。そうすると丸いパンの両脇からソーセージがはみ出してパンと一緒に食べにくい。しかし、ここザルツブルクのバルカン・グリルではソーセージとパンの長さが同じ。まず、パンがカリカリと香ばしくておいしい。同じパンをホテルの朝食や巷のパン屋さんで見たことがない。特別に焼いてもらっているようだ。ソーセージそのものも勿論おいしいが、なんと言ってもオリジナ…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ザルツブルクグルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるザルツブルクの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ザルツブルクのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!