page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ザルツブルク・映画のあの場所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台へ


映画の中に登場する素敵な街へ

メンヒスベルグから見渡すザルツブルグ旧市街地。絶好の記念撮影スポット。カフェもありゆっくり休憩出来るのもおすすめポイント! メンヒスベルグから見渡すザルツブルグ旧市街地。絶好の記念撮影スポット。カフェもありゆっくり休憩出来るのもおすすめポイント!

1965 年に公開されたミュージカル映画「サウンド・オブ・ミュージック」。映画を観た事ない方も、名前しか知らない方も「ドレミの歌」や「エーデルワイス」などの歌は必ずどこかで聞いたことがあることでしょう。マリア・フォン・トラップの自叙伝を元にして作られたアメリカのミュージカル映画なので、実はオーストリアではそんなに有名ではありませんがザルツブルグやその周辺のロケ地では世界中から観光客がたくさん来るので知られています。今回はこの映画のロケ地をいくつかピックアップしてみます。映画のファンではなくてもとても素敵な場所がたくさんあるので必読です!これを読んで行く前に映画を観ても良し、帰ってきて思い出に浸りながら映画を観ても更に楽しめますよ。

まずはザルツブルグ市内から

旧市街地にある馬洗場。マリアが子供たちとピクニックに行く時に通ったところ。 旧市街地にある馬洗場。マリアが子供たちとピクニックに行く時に通ったところ。

マリアと子供たちが歌いながら通るモーツァルト小橋はザルツァッハ川にかかっています。ここからホーエンザルツブルク城塞も見え記念撮影するにもとてもいい場所です。「ドレミの歌」を練習したメンヒスベルグからは旧市街全体を見渡せる素敵な景色が望めます。そして「ドレミの歌」を歌いながら通り抜けるミラベル宮殿の庭。他にもレジデンツ広場、ノンベルク修道院やザンクト・ペーター墓地、音楽祭会場などあり見どころがたくさんのザルツブルグ市内です。郊外にはトラップ邸として使われたフローンブルグ宮殿と、レオポルドスクロン宮殿があり、これらは現在はホテルとして営業しています。またヘルブルン宮殿のお庭には映画の中に出てくるガラスのパビリオンが移設されて置いてあります。どこも映画抜きにしても素敵な場所です。

シャーフベルク鉄道

シャーフベルグ鉄道。青い空と青い湖がとてもキレイ。天気が良ければザルツカンマグートの山々が見渡せ、眼下にはいくつかの湖が見える。 シャーフベルグ鉄道。青い空と青い湖がとてもキレイ。天気が良ければザルツカンマグートの山々が見渡せ、眼下にはいくつかの湖が見える。

マリアと子供たちが「ドレミの歌」を歌いながら上って行く時に載っているのがシャーフベルグ登山鉄道。車窓からはザルツカンマグートの山々とキレイな湖が見え、映画の世界だけではなく、オーストリアの素敵な景色が楽しめます。山頂にはレストラン、カフェ、ホテルもあり、ハイキングが出来るコースもあります。鉄道駅はヴォルフガング湖畔から出ていて湖をクルーズしたり、湖畔の街をお散歩したりと1日楽しめる素敵な場所になっています。ちなみにSt.Wolfgangにはオペレッタ「白馬亭にて」の舞台となった「Weissen Roessl」がありホテルやレストランとして利用も出来ます。

モンドセーの教会へ

マリアとトラップ大佐が結婚式を挙げたシーンが撮影されたモンドセーの教会外観。カラフルな建物が並ぶ街の散歩もおすすめ。 マリアとトラップ大佐が結婚式を挙げたシーンが撮影されたモンドセーの教会外観。カラフルな建物が並ぶ街の散歩もおすすめ。

最後はザルツカンマグートにある小さくも美しい街モンドセー。街の名前でもあり、Mond(月)という名前の通り三日月型をした湖があります。この街にある教会が映画に出てくるマリアとトラップ大佐が結婚式を挙げた所になります。実際にはザルツブルグの修道院で結婚式を挙げたのですが、許可が下りずこちらの教会で内部を撮影となったそうです。小さな街でサウンドオブミュージックの撮影場所!とも何も書いていませんが、素敵な教会はすぐに見つかります。交通の便があまり良くないのでツアーに参加するかレンタカーを借りて行くといいかも知れません。時間に余裕があれば、街を散策し、夏には湖で泳いだりとゆっくり回って欲しい所でもあります。

撮影ポイントピックアップ

ザルツァッハ川にかかるモーツァルト小橋。ドレミの歌を歌いながら渡りたくなるかも!? ザルツァッハ川にかかるモーツァルト小橋。ドレミの歌を歌いながら渡りたくなるかも!?

細かい所を言うとロケポイントもまだまだありますが、とても素敵なザルツブルグ、ザルツカンマグート、ロケ地や映画のシーンを頭に入れて回ってみるとまた違った楽しみ方が出来るかもしれませんね。

◆ザルツブルグツーリズムの「サウンド・オブ・ミュージック」のページ(日本語)
http://www.salzburg.info/ja/art_culture/the_sound_of_music

◆シャーフベルグ鉄道(英語・ドイツ語)のHP
http://www.schafbergbahn.at/en_uk.html

◆Hotel Schloss Leopoldskron(英語・ドイツ語)のHP
http://www.schloss-leopoldskron.com/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/03/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索