景勝地ザルツカンマーグートの奥座敷

オーストリアのハルシュタットは、景勝地ザルツカンマーグートの奥座敷にあります。「ハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観」としてユネスコ世界遺産に登録されているという押しも押されぬ観光名所です。ハルシュタットだけでなく、ザルツカンマーグート自体は雪がとても多いところなので、スキーリゾート以外の観光は冬場は不向きです。ぜひ、気候のいいときに行きましょう。さて、このハルシュタット、湖と可愛い教会と素朴な村といった感じで、とても絵になるところです。湖沿いのカフェでお茶なんていいですね。ですが、ハルシュタットは意外にディープな所なんです。

楽しいアトラクションもある! オーストリアのハルシュタット岩塩坑 楽しいアトラクションもある! オーストリアのハルシュタット岩塩坑

古い歴史があるハルシュタット

ハルシュタットの歴史自体も古く、なんと紀元前800年からこのあたりに人が住んでいたようです。初期鉄器時代というのですが、この時代の発掘品はハルシュタット博物館にあります。また、「古代ローマ以前からあったのでは」と言われる岩塩坑もあります。ここで塩、すなわち岩塩が採れたのです。昔は、塩はとても高価でした。そのため、オーストリアを支配していたハプスブルク家はハルシュタットの岩塩坑をとても大切にしたそうです。そして、今もこの岩塩坑は残っていて、一般に公開されています。これが、めっぽう面白いのです。

ハルシュタット岩塩坑へ行ってみましょう

ハルシュタットの町外れにケーブルカー乗り場がありますので、まずこれに乗って終点まで行きましょう。道なりに歩いていくと、ジャーン! 岩塩坑の入り口です。岩塩坑は、たくさん坑道があり、案内なしで入ると危険なためガイドツアー形式になっています。ツアーの始めは、服の上から着るつなぎを貸してもらいます。係員が体型をするどくチェックしますので、サイズはぴったり。そしてガイド氏にしたがって、ずんずん岩塩坑の中へ。

岩塩坑はアトラクション?

このツアーのハイライトはなんと滑り台。坑夫がすばやく持ち場に行くために使ったものが元なのですが、今はきれいな丸太があります。丸太にまたがってシュパッ! しかも速度計つき。時速何キロが滑り降りたのかも表示されます。滑っている途中で「パシャッ」という音がしますが、これはカメラ。ツアーの終わりに、写真が展示されて「オミヤゲに買ってくださいね」と言うものなのです。ハルシュタットは美しい景色だけでなく、岩塩坑のようなディープな世界もぜひ楽しんでくださいね。