page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ウィーングルメガイド

ウィーンのグルメ・伝統料理

クリックで拡大表示
 

ウィーン料理は、ドイツをはじめ周辺諸国の様々な特色を取り入れて独自の料理として発展してきた。家庭的な料理から洗練された一皿まで、グルメも満足できる食事を楽しめるだろう。郷土料理で有名なのは「ウィンナー・シュニッツェル」。子牛肉を薄く叩いて伸ばしてパン粉を付けて焼いたウィーン風カツレツともいえる料理だ。寒い日には「グーラシュ」と呼ばれる牛肉とジャガイモを煮込んだ味わい深いスープもおすすめ。また「ザッハ・トルテ」をはじめとするウィーン菓子も忘れずに味わいたい。(2015年編集部調べ)


ウィーンのレストラン・屋台

レストランやカフェをはじめ、食事を取る場所には困らない。訪れてみたいのが「ホリイゲ」と呼ばれるワイン専門の居酒屋で、ブドウの栽培農家が自家製のワインを飲ませてくれる簡易食堂のような場所だ。ホリイゲの集まるグリンツィング地区はアクセスもよく観光客に人気だ。またウィーン版のファストフードといえるのがオープンサンド。旧市街には専門店があり、黒パンにニシンやサラミなど様々なチョイスができて軽食にぴったり。テイクアウトも可能なので観光の途中にもいい。

ウィーンの水・お酒

ウィーンの水道水は硬質だがアルプスを水源とするため良質だ。飲料や料理にも安心して使える。ミネラルウォーターを買う場合は、キオスクやスーパーなどで購入できるが、ガス入りとそうでないものがあるので注意しよう。日本でも有名な「ウィンナーコーヒー」は現地では「アイン・シュペンナー」と呼ばれており、街中のカフェで飲む事ができる。またオーストリアはワインの名産地でもある。高級品でなければ、スーパーマーケットでも買える。


現地ガイド発!ウィーンのグルメ・料理最新情報

2019/03/02 グルメ

知る人ぞ知るおいしいレストラン、グラシス・バイスル

ウィーン旅行イメージ-昼間は明るいガラス張りの部屋も、夜は雰囲気があって高級レストランのよう 昼間は明るいガラス張りの部屋も、夜は雰囲気があって高級レストランのよう

地元の人行きつけのレストランというのは間違いなく美味しい。そういう店は街の中心広場やメインストリートに面しているのではなく、裏道やちょっと判りにくい所、あるいは中心部から離れたところにあったりする。離れていても行く価値ある店が多いが、ここ、グラシス・バイスルGlacis Beisl は中心部にあって交通の便が良いという、ウィーンっ子たちに人気の店だ。場所を地図で見ると、博物館が集まるムゼウムス・クヴァルティーアの一角にあり、住所もそうなっている。しかし入口はムゼウムス・クヴァルティーアの裏側、ブライテ・ガッセBreite Gasseにある。ブライテ・ガッセは観光客が通る道ではないので、店を知ら…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ウィーングルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるウィーンの伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
ウィーンのグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!