page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ザッハートルテはここが本家!ウィーンのカフェ「Cafe Sacher」


これを食べずには帰れない!

Cafe Sacherのザッハートルテ。甘くない生クリームと一緒にどうぞ Cafe Sacherのザッハートルテ。甘くない生クリームと一緒にどうぞ

言わずと知れたウィーンの代表的なケーキ「ザッハートルテ」、ご存知ですよね。「ザッハー」の由来になったのがザッハー・ホテル。そのカフェ「Cafe Sacher」をご紹介しましょう。ウィーンに来たなら、ここのザッハートルテを食べずには帰れません。
程良く柔らかいスポンジの間にアンズジャムが挟まっていて、外側はちょっとかためのチョコレートでコーティングしてあります。そして、外せないのが一緒に付いてくる生クリーム!
「Cafe Sacher」に限らず、ウィーンでケーキに付いてくる生クリームは砂糖なしの甘くないもの。甘いケーキと一緒に食べるとちょうどいい感じになるのです。

お食事だって楽しめます

Cafe Sacherのチキンとトマトのオープンサンド。雰囲気に合わせてナイフとフォークでいただき Cafe Sacherのチキンとトマトのオープンサンド。雰囲気に合わせてナイフとフォークでいただきます

ウィーンのカフェはケーキだけじゃなく、お食事も楽しめます。オーストリアを代表するスープ「グラーシュスープ」、薄く伸ばした肉を揚げた「シュネッツェル」などのメイン料理、サラダやサンドイッチなどの軽食まで色々あります。
Sacher Hotelのカフェだけあって、お料理も本格的。ちょっとお腹が空いた時、甘いものが苦手な方などはお食事メニューをチェックしてみるのもいいかも!?

ウィーンの一流カフェ、素敵な雰囲気も味わって

オーストリアの皇帝・皇后の肖像画、シャンデリア、深紅のソファーのある素敵な雰囲気のカフェの中。食器ももちろんお揃いです オーストリアの皇帝・皇后の肖像画、シャンデリア、深紅のソファーのある素敵な雰囲気のカフェの中。食器ももちろんお揃いです

ウィーンの中でも一流カフェ。観光客で毎日賑わってます。ドレスコードがある訳ではないのですが、あまりにカジュアルだと入店を断られる場合もあるみたいです。雰囲気に合った服装で出かけてください。
伝統的なスタイルのカフェはオペラ座の後ろ、ホテルの入り口の左側です。時期に寄っては入店待ちの列が出来ている時も。人数を伝えて待ちます。夜遅くまで営業しているので、オペラ帰りに寄っても良し。オペラから一流カフェへ、素敵な時間の流れが続きます。

実は、お持ち帰りもできちゃいます

ザッハートルテは食べたいけれど、待つ時間がない方は、角のカフェに行ってみて。同じCafe Sacherですがモダンな雰囲気。こちらでも素敵な雰囲気の中、同じものが味わえます。
こちらのカフェに併設されているショップではお持ち帰りも出来ます。カフェでゆっくりする時間のない方は1つだけ買ってホテルで食べてみても良し、1ホール買ってそのまま日本へ送ってもらっても良し。
とにかくウィーンに来たら絶対に味わいたい、Cafe Sacherのザッハートルテです。

【関連情報】

■Cafe Sacher Wien
住所:Philharmonikerstrasse 4, A-1010 Wien
電話番号:+43 1 514 560
URL: http://www.sacher.com/sacher/SacherCafes/_layout/index_en.jsp?strHMP=hm_a(英語、ドイツ語)
営業時間:朝8時〜夜12時(ラストオーダー夜11時半)
定休日:なし
その他: ザルツブルグ、インスブルグ、グラーツにもカフェあり。
ちなみにザッハートルテは4.80EUR(約800円)、チキンサンドは7EUR(約1150円)でした。
http://www.sacher.com/sacher/SacherCafes/index_en.jsp(英語、ドイツ語)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索