page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

じつは激戦区!ウィーンで味わうイタリアンジェラート


アイスサロン(ジェラテリア)の激戦区ウィーン

ウィーンで人気のアイスサロンの1つ「ZANONI&ZANONI」の入り口近くにあるテイクアウト専用のコーナー。お店で食べる場合は写真の左奥に行って頼んで ウィーンで人気のアイスサロンの1つ「ZANONI&ZANONI」の入り口近くにあるテイクアウト専用のコーナー。お店で食べる場合は写真の左奥に行って頼んで

「ジェラート=イタリア」というイメージがあると思いますが、ここ隣の国オーストリアでもイタリアンジェラートは大人気!
ウィーンだけでも100以上(!)のアイスサロン(ジェラテリア)があります。冬が終わり、少し暖かくなった頃から、街を歩くと食べてる人を見かけない日がないくらい、ウィーンの人はジェラートが大好きです。
アイスサロンの人気ランキングが新聞に出され、人々は山盛りのジェラートを持って食べ歩きます。

いつも行列の大人気店「Eissalon Am Schwedenplatz」

人気ランキング上位に挙げられるアイスサロン「Eissalon Am Schwedenplatz」。アイスの看板が目印 人気ランキング上位に挙げられるアイスサロン「Eissalon Am Schwedenplatz」。アイスの看板が目印

いつもランキング上位に挙がるアイスサロンの1つがここ、Schwedenplatzにあるアイスサロン「Eissalon am Schwedenplatz」(アイスサロン アム シュエデンプラッツ)
このアイス屋さんが開いている時はいつもアイス待ちの列が出来、周りにジェラートを食べている人がたくさんいます。
このアイスサロンでは毎シーズン100種類以上のジェラートの為に、70000リットルのミルク、60トンのフルーツが使われるそうです!

好きなものを好きなだけ組み合わせて

「Eissalon Am Schwedenplatz」のカウンターでアイスを頼む人たち。スプーンや紙ナプキンは置いてあるので、必要なら自分で取ってOK 「Eissalon Am Schwedenplatz」のカウンターでアイスを頼む人たち。スプーンや紙ナプキンは置いてあるので、必要なら自分で取ってOK

頼み方は簡単。ジェラートの種類がたくさん並ぶメニューの中から選んでもいいし、好きなものを言ってみてもいいし、シューウィンドーの中のジェラートの見た目で指差しても大丈夫。カップかコーン、好きな方を選べます。コーンの種類もシンプルなものから、チョコレートやナッツが付いてるものまで。大きさに寄っても色々選べます。
ウィーンの人は4種類や5種類、山盛りにしてもらって食べてますが、最低2スプーン(1.8EUR)から頼めます。

店内ではフルーツや生クリームと一緒に味わって

食べ歩く以外にももちろんお店でも食べられます。その場合は何種類かのジェラートにフルーツが添えてあるもの。チョコレートソースや生クリームがたっぷりかかったものなど色々あります。
アイスのメニューは大体写真付きなので、言葉が分からなくても大丈夫。見た目もキレイでボリュームたっぷりなジェラートデザートを楽しんで。
イタリア人の友達も認める本場のジェラート。ウィーンで味わってみてください。

【関連情報】

■Eissalon Am Schwedenplatz
住所:Franz Josefs-Kai 17, A-1010 Wien
電話番号:01-53-31-966
URL: http://www.gelato.at/
営業時間:3月〜9月の10:00〜23:00
定休日:なし
その他: 10月〜2月はお休み

■ZANONI&ZANONI
住所:Lugeck 7 , A-1010 Wien
電話番号:01-512-79-79
URL: http://www.zanoni.co.at/
営業時間:7:00〜24:00
定休日:なし

■TICHY
住所:Reumannplatz 13, A-1100 Wien
電話番号:01-604-44-46
URL: http://www.gastroweb.at/tichy-eis/
営業時間:3月半ば〜9月の10:00〜23:00
定休日:なし
その他 : 10月〜3月半ばまではお休み

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/08/21)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索