page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

寒い時期にぴったり!体もお腹も温まるオーストリア料理〜グラーシュミュージアム〜


掲載日:2007/12/25 テーマ:グルメ 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: おいしい グルメ レストラン


オーストリア料理を代表する食べ物の1つ「グラーシュ」

「きのこグラーシュ、クネーデル(団子)添え」8,7EUR 「きのこグラーシュ、クネーデル(団子)添え」8,7EUR

グラーシュとはもともとはお隣の国ハンガリーから伝わったパプリカたっぷりのソースで牛肉を煮込んだもの。日本で言うビーフシチューに似た感じの食べ物です。1年中食べることが出来ますが、暑い夏よりも寒い時期に合う食べ物。ほとんどのオーストリアレストランでも食べることは出来ますが、そのグラーシュ専門のレストランがあります。その名も「Gulashumuseum(グラーシュミュージアム)」ミュージアムと付いていますが、博物館ではありません。でもその名前を付けるだけあって、たくさんのグラーシュの種類があります。

チョイスはたくさん!

グラーシュミュージアムの店内 グラーシュミュージアムの店内

このグラーシュミュージアムでは、約20種類!のグラーシュがあります。基本の牛肉のグラーシュ(サラダ付き、8,6EUR)はもちろん、何種類かのキノコを使ったグラーシュ、鳥レバーのグラーシュ(9,4EUR)、ソーセージの入った豆のグラーシュ(7,4EUR)などなど。ウィーン名物のフィアカーグラーシュには目玉焼き、ソーセージ、クネーデル(団子)が付いて9,8EUR。メニューは写真付きで、日本語を含む五ヶ国語で書かれているので、分かりやすいです。たくさんのグラーシュの中からお気に入りを見つけに来てはいかがですか?

【関連情報】

グラーシュミュージアムの外観。レストランの前にも写真つきのメニューが貼り出してあります グラーシュミュージアムの外観。レストランの前にも写真つきのメニューが貼り出してあります

■ Gulaschmuseum(グラーシュミュージアム)
住所:Schulerstrasse 20, A-1010 Wien
電話番号:+43 1 512 10 17
URL: http://www.gulasch.at/
営業時間:月〜金 9:00〜24:00、土日祝日10:00〜24:00
定休日:なし
その他: HPは主にドイツ語ですが、メニューは写真付きで見れます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索