page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・オペラ・音楽の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界3大歌劇場の1つウィーン国立歌劇場で優雅に芸術鑑賞を楽しもう


掲載日:2008/01/09 テーマ:オペラ・音楽 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: すごい! 音楽


音楽の都ウィーンのシンボル、国立歌劇場

ウィーン国立オペラ座の建物。夜はライトアップされてますます素敵に ウィーン国立オペラ座の建物。夜はライトアップされてますます素敵に

ミラノのスカラ座、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場と並んで世界3大オペラ座と言われるウィーンの国立オペラ座。音楽の都と言われるウィーンの中でも最高の場所だけあって、7月8月を除くほとんど毎日、素晴らしい演目のプログラムが組まれています。オペラ座の建物もとっても素敵。これも戦争で打撃を受けたのですが、人々の援助や努力で今の姿に戻ったそうです。素晴らしい建物は外からでもオペラ座内のツアーでも楽しむことが出来ます。

オペラ座の中ではセレブ気分を味わって

ウィーン国立オペラ座のアーチ型になっている客席部分 ウィーン国立オペラ座のアーチ型になっている客席部分

外観だけでなく、建物の中もとっても素敵。その雰囲気を壊さないように行く時は服装などにも気を使って、思いっきりこの雰囲気を楽しんで。綺麗に着飾った上品なご夫婦もたくさんいます。席などに関係なく、きちんとした格好をして行ったほうが、オペラを観ている時だけでなく休憩時間も思い切り雰囲気に浸れます。かと言っても旅行では荷物もかさばるもの。男性では少なくてもジャケット着用、女性は黒を基本にカジュアルすぎない感じになるように小物などで魅せてもOKです。是非、早めに行って、開演前にもオペラ座内の雰囲気をたっぷり堪能してみて下さいネ。

世界の小澤征爾さんの指揮が観られるのは2010年まで!

ウィーン国立オペラ座内。開演前や休憩にはこの雰囲気も楽しんで。テラスやバルコニー、喫煙室に至るまでこの雰囲気。隅々まで堪能して下さいネ ウィーン国立オペラ座内。開演前や休憩にはこの雰囲気も楽しんで。テラスやバルコニー、喫煙室に至るまでこの雰囲気。隅々まで堪能して下さいネ

そして世界的に有名な日本人指揮者、小澤征爾さんはここウィーン国立オペラ座の音楽監督でもあります。小澤さんの契約は今のところ2010年まで。毎日ではありませんが、世界の小澤さんの指揮をこのオペラ座で観る事が出来るのです!小澤さんが指揮だと、オーケストラも気合いの入り方が違うかも!?観たい方はプログラムをチェックして下さいね。オペラではドイツ語と英語の字幕が出ますが、オペラにしてもバレエにしてもある程度はストーリーを知っている方が楽しめますよ。音楽の都と言われるウィーンの素敵なオペラ座で音楽を楽しんでみてはいかがですか?

【関連情報】

シャンデリアのあるウィーン国立オペラ座の一室。休憩の時にはここでドリンクや軽食が売られる。HPを通じて予約をすることも可能 シャンデリアのあるウィーン国立オペラ座の一室。休憩の時にはここでドリンクや軽食が売られる。HPを通じて予約をすることも可能

■ Staats Oper ウィーン国立オペラ座
住所:Opernring 2 1010 Wien
電話番号:+43 1 51 444 2250
URL: http://www.wiener-staatsoper.at
シーズン:毎年9月始めから6月末まで(7月、8月は公演はなし)
その他: オペラ座内のガイドツアーは日によって違うのでHPにて要確認(時間によっては日本語もあり)
ツアーの料金はオペラ座美術館の入館料込みで大人6,5EUR, オペラ座ツアーのみだと大人5EUR。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/01/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索