page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・オペラ・音楽の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

さすが音楽の都ウィーン!高レベルなストリートミュージシャンを楽しもう


掲載日:2008/06/09 テーマ:オペラ・音楽 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: 音楽


音楽の都ウィーンの街には音楽が溢れています

ウィーン、ケルントナー通りでピアノを演奏するミュージシャン。彼女の演奏が始まるといつも大勢の人が集まります ウィーン、ケルントナー通りでピアノを演奏するミュージシャン。彼女の演奏が始まるといつも大勢の人が集まります

音楽の都といわれるオーストリアの首都、ウィーン。一年中、毎日どこかでコンサートやオペラが上演されていますが、街にも音楽が溢れています。ウィーンの中心であるオペラ座からシュテファン寺院までのケルントナー通りや、シュテファン広場からグラーベン通り、王宮辺り、そしてマリアヒルファー通りではストリートミュージシャン達の演奏が楽しめます。

ウィーンのストリートミュージシャンは高レベル!

変わった楽器を演奏していた3人組。彼らの前に置かれた楽器ケースはチップを入れるため。そこにCDも置いてあります 変わった楽器を演奏していた3人組。彼らの前に置かれた楽器ケースはチップを入れるため。そこにCDも置いてあります

ストリートミュージシャンと言っても、ここはウィーン。かなり高レベルな演奏も楽しめます。音楽を学んでいる生徒さんなどが演奏している場合もありますが、ほとんどプロ!という感じの人や、CDを売っている人もたくさん見かけます。そんな人達の周りにはたくさんのギャラリーが集まります。ステキな音楽を聴いたら、少し足を止めて耳を傾けてウィーンの雰囲気を楽しんでくださいネ。

「音楽の都」を感じることが出来るはず!

王宮のミヒャエラ門の中から見るウィーンの風景。この場所での演奏は心まで響きます 王宮のミヒャエラ門の中から見るウィーンの風景。この場所での演奏は心まで響きます

世界中の音楽家が集まって来るウィーンだけあって、色んな楽器も見ることが出来ます。バイオリン、フルート、アコーディオンなどの良くあるものだけではなく、歌を歌っている人もいますし、遠くはオーストラリアの楽器を使ってパフォーマンスしている人もいます。おすすめの場所は王宮のミヒャエラ門の中! 良く響く丸い門の天井の下での演奏、ステキな門の模様の間から見えるウィーンの街。「これぞ音楽の都ウィーン!」と感じる事が出来るでしょう。素晴らしい演奏を聴いたらチップで感動を伝えて下さいネ。

【関連情報】

このミュージシャンはハーモニカ、ギター、もしくはピアニカ、ドラムにシンバルの同時演奏を披露! このミュージシャンはハーモニカ、ギター、もしくはピアニカ、ドラムにシンバルの同時演奏を披露!

冬はやはり寒さが厳しい。ストリートミュージシャンに出会える確率は春〜秋が高め。その季節ならケルントナー通り、シュテファン広場、グラーベン通り、王宮、マリアヒルファー通りなどでミュージシャン達の演奏が楽しめます。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索