page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ウィーンでステキなクリスマス&楽しいワルツと花火で年越しを!


寒いからこそステキなウィーンを楽しもう!

カールス広場のクリスマスマーケットはライトアップされた教会の前でのステキな雰囲気。大きな馬に引かれた馬車も登場します カールス広場のクリスマスマーケットはライトアップされた教会の前でのステキな雰囲気。大きな馬に引かれた馬車も登場します

気温はすでに冬の気配を感じるウィーン。寒くなってくるとみんなの気分もクリスマスに近づいてきます。街にはクリスマスグッズも徐々に並び始めました。これから色んなお店でクリスマスの飾りが増えていき、街にもイルミネーションがデコレーションされ、街全体がクリスマスの雰囲気に包まれていきます。寒くて暗いと地元の人も嫌がる11月ですが、早いところでは11月中旬からクリスマスマーケットが始まります。この時期のウィーンのステキな楽しみ方をチェックして、楽しく過ごしましょう。

2008年クリスマスマーケット開催日程が決定

市庁舎前のクリスマスマーケットの様子。天使のライトや木に吊るされるハート型のランプもステキ 市庁舎前のクリスマスマーケットの様子。天使のライトや木に吊るされるハート型のランプもステキ

■ 2008年のクリスマスマーケットの日程
☆市庁舎前 11月15日〜12月24日 (http://www.christkindlmarkt.at/ )
☆シェーンブルン宮殿 11月22日〜12月26日 (http://www.weihnachtsmarkt.co.at/ )
☆Freyung 11月21日〜12月23日 (http://www.altwiener-markt.at )
☆Spittelberg 11月15日〜12月23日 (http://www.spittelberg.at/weihnachtsmarkt/willkommen.htm)
☆マリアテレジア広場 11月19日〜12月24日 (http://www.weihnachtsdorf.at)
☆ベルベデーレ宮殿 11月21日〜12月24日 (http://www.weihnachtsdorf.at)
☆Altes AKH 11月15日〜12月24日 (http://www.weihnachtsdorf.at)
☆Karlsplatz 11月21日〜12月23日
☆MQ 11月13日〜12月23日
☆Cobenzl 11月29日〜12月21日

クリスマスマーケットでお買い物

クリスマスマーケットで見られるお店の1つ。たくさんのクリスマスグッズはもちろん、かわいいお店がたくさん並んでいます クリスマスマーケットで見られるお店の1つ。たくさんのクリスマスグッズはもちろん、かわいいお店がたくさん並んでいます

クリスマスマーケットにはたくさんのお店が出ているので、それらを見て回るだけでもとっても楽しいもの。ガラスやビーズで出来た繊細なクリスマスのオーナメントやキラキラ光る色とりどりの飾りを見ていると時間が経つのを忘れます。その他にも木で出来たオモチャ、陶器の人形、フェルトで出来た飾りなどクリスマスに限らず飾れるものも。場所によっては若いアーティスト達がお店を出している所も。この時期、ここでしか入手出来ないものもたくさん。クリスマスマーケットでお土産や記念品を探してみてもいいですね。

オーストリア流に新年を祝ってみよう

市庁舎前での大晦日の様子。花火があがり、ワルツとシャンパンで新年を祝うたくさんの人で賑わいます 市庁舎前での大晦日の様子。花火があがり、ワルツとシャンパンで新年を祝うたくさんの人で賑わいます

クリスマスが終わるとクリスマスマーケットは閉まってしまいますが、その後の一大イベントは大晦日。色んな所で年越しパーティーやコンサートが行われ、オペラハウスでは「こうもり」が上演されたりとウィーンの大晦日を楽しむ選択肢は幅広くあります。そして大勢の人とするカウントダウンも楽しいもの。新年になったと同時に人々の持っているシャンパンが開けられ、周りにいる人みんなと一緒に新年を祝います。ウィーンらしいのはウィナーワルツ! 市庁舎前では音楽が流れ、人々はシャンパングラスを片手にワルツを踊ります。いたる所であがる花火もステキ。ウィーン流の新年を迎えてみるのもいいですよ!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/07)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索