page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

夜が長いウィーンの冬は夜景とイルミネーションを楽しむチャンス!


掲載日:2008/11/14 テーマ:観光地・名所 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: すごい! 街歩き 美しい 夜景


暗くなってからがお楽しみ!

冬のイルミネーションで飾られたグラーベン通り。大きなシャンデリアが下がります。ライトアップされたペスト像もとってもキレイ 冬のイルミネーションで飾られたグラーベン通り。大きなシャンデリアが下がります。ライトアップされたペスト像もとってもキレイ

10月末にサマータイムが終わると暗くなるのが一段と早く感じるヨーロッパ。一番早い時期で午後4時頃には暗くなってしまいます。でもそんな冬こそ楽しめるのが夜のウィーン。曇っていたりお天気があまり良くない日は特に夜のウィーンがステキです。……とは言っても高層ビルなどないウィーン。でも色んな建物がライトアップされていてとてもキレイなんです。オーストリアはヨーロッパの中でも治安のいい方なので中心地をプラプラする位なら女性1人でも大丈夫。夜に見てもステキな建物と、楽しい夜のお散歩コースを紹介します。

ナイトウォークも楽しめる世界遺産の旧市街地

ライトアップされたシュテファン寺院。広場には大きなクリスマスツリーが立ち、ロマンティックな雰囲気に包まれます ライトアップされたシュテファン寺院。広場には大きなクリスマスツリーが立ち、ロマンティックな雰囲気に包まれます

まず第1に挙げられるのがウィーンの中心シュテファン寺院からグラーベン、そして王宮までのコース。世界遺産に指定されている旧市街地の中のお散歩です。ライトアップされたシュテファン寺院もまたステキ。そこからライトアップされたペスト像のあるグラーベン通りへ。そして突き当りを王宮方面に曲がってコールマルクトを歩くコース。コールマルクトの高級ブティックのショーウィンドーもステキです。そして王宮前のミヒャエル広場の雰囲気を楽しみ、時間と余裕のある人はミヒャエル門をくぐってヘルデン広場まで。騎馬像と王宮のライトアップが楽しめます。

リング沿いにもたくさんのステキな建物が!

リング沿いにある市庁舎。11月末からクリスマスまではクリスマスマーケットも開かれ、市庁舎前の広場も様々なイルミネーションで飾られます。このコースを回るトラムは1番かDが便利 リング沿いにある市庁舎。11月末からクリスマスまではクリスマスマーケットも開かれ、市庁舎前の広場も様々なイルミネーションで飾られます。このコースを回るトラムは1番かDが便利

旧市街地をグルッと囲んでいるリングと呼ばれる大通り。この通り沿いにもライトアップされている建物がたくさんあります。このコースはリングを走るトラムに乗って、途中下車をしながら行くのが便利。スタート地点はオペラ座前。ライトアップされたオペラ座はとてもステキです。そこからトラムに乗り美術史美術館へ。真ん中にはマリアテレジアの銅像もライトアップされています。リングを挟んで反対側には王宮が。上のコースと組み合わせてもいいですね。そして次はギリシャ神殿風の国会議事堂。その次は市庁舎でストップ。リングを挟んで反対側にはブルグ劇場もあります。1つ1つの距離が短いので、ゆっくり歩いてお散歩するのもいいかも。

クリスマス前後の時期はイルミネーションもキレイ!

王宮前のミヒャエル広場。ホットワインなどを売る屋台の前はいつも賑わっています。ここからはミヒャエル門のライトアップとミヒャエル教会、そしてコールマルクトのイルミネーションが見られます 王宮前のミヒャエル広場。ホットワインなどを売る屋台の前はいつも賑わっています。ここからはミヒャエル門のライトアップとミヒャエル教会、そしてコールマルクトのイルミネーションが見られます

クリスマス数週間前からは街中がイルミネーションで飾られます。そうすると一層ステキな雰囲気! クリスマスツリーやクリスマスマーケット、その他にもホットワインや焼き栗などを楽しめる屋台も出ているので、それらで温まりながら夜の街をゆっくりお散歩するのもおすすめです。イルミネーションは1月末頃まで楽しめます。その他にカールス教会、プラーター遊園地もキレイですが、ここは人が少なくなるので、早い時間に行くことをおすすめします。防寒対策をしっかりして、夜のロマンティックなウィーンも楽しんでみてくださいネ!

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/11/14)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索