page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

高級陶磁器「アウガルテン」の製作過程が見られる磁器工房見学とお買い物


掲載日:2009/06/26 テーマ:ショッピング 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: お土産 ショッピング ブランド


ハプスブルグ家が育てたブランド「アウガルテン」

アウガルテン陶磁器のデザインを代表する「ウィーンのバラ」の模様。この花もお皿の縁取りの色も全てハンドメイド! アウガルテン陶磁器のデザインを代表する「ウィーンのバラ」の模様。この花もお皿の縁取りの色も全てハンドメイド!

1718年に創設されて以来ハプスブルグ家の御用達で、今では世界中で愛されている高級陶磁器ブランド「アウガルテン」。世界的に有名なこの陶磁器がウィーンの庭園の中にあるたった1つの工房で、未だ全て手作業で作られ続けているのは驚きです。同時に、だからこそ信頼できる高級ブランドとして世界中で認められているのも納得! そしてこの高級陶磁器が作られる過程を見る事も出来るんです。アウガルテンの食器を扱うお店は色々ありますが、時間のある方は是非工房見学をして、付属のショップでお買い物してみてはいかがでしょうか?

美しい庭園の中に静かに建つ陶磁器工房

アウガルテンの中に建つ陶磁器工房の建物。アウガルテンの刻印が入口のドアの上に掲げられています アウガルテンの中に建つ陶磁器工房の建物。アウガルテンの刻印が入口のドアの上に掲げられています

アウガルテン陶磁器工房はアウガルテンと名の付いた庭園の中にあります。ここは昔、皇帝一家の狩りの城館とその庭園でしたが、1775年に一般市民に開放されました。今ではその城館はウィーン少年合唱団の宿舎と学校(一般立ち入り禁止)となっています。アウガルテンの中に入って正面に見える横に長い大きな建物が陶磁器工房です。中に入るとアウガルテン陶磁器のステキな置物が迎えてくれます。右側にはショップがあり、誰でも自由にお買い物を楽しむ事が出来ます。

アウガルテン陶磁器が良く分かるガイドツアー

陶磁器工房の中。窯に入れられる前の陶磁器たち。職人さんの手によって1つ1つ窯に入れられ、刻印が押され、磨かれて、絵が付けられて、アウガルテンの高級陶磁器になっていきます 陶磁器工房の中。窯に入れられる前の陶磁器たち。職人さんの手によって1つ1つ窯に入れられ、刻印が押され、磨かれて、絵が付けられて、アウガルテンの高級陶磁器になっていきます

平日(祝日以外)10時から行われるガイドツアーでは、昔の窯、陶磁器の型、素焼きの陶磁器、刻印、絵付けなどの全ての工程を順を追って見る事が出来ます。それら全てが手作業で、数少ない職人さんの手によって製作されているのは本当に驚きです。世界中で売られているアウガルテン陶磁器は全てこのウィーンのアウガルテンにあるこの工房で作られています。その製作過程を中に入って見る事が出来るのはとても貴重な体験になると思います。今では売られていない昔の食器や置物なども展示してあります。

時間に余裕のある方はアウガルテン散策も

アウガルテンの庭園内に残る高射砲台。市民が憩うのどかな場所に建つ戦争の面影。今はとても平和な時が流れている場所です アウガルテンの庭園内に残る高射砲台。市民が憩うのどかな場所に建つ戦争の面影。今はとても平和な時が流れている場所です

せっかくここまで来たのなら、お天気の良い日には庭園内をお散歩してみるのもいいかも。昔は皇帝一家の所有だったこの庭園も今では市民憩いの場になっています。子供の遊び場やレストランなどもあり、ピクニックを楽しむ人の姿も見られます。ウィーン市内にいくつか残るナチス時代の高射砲台の1つもここで見る事が出来ます。皇帝一家も歩いたこの庭園を散歩したり、全て手作業で少人数で丁寧に作られている陶磁器の過程を見ると、高級陶磁器も少し身近なものに感じるかもしれません。そして高級なだけではない大切な思い出の1つになるはずです。

【関連情報】

アウガルテン陶磁器工房の中に併設されているショップ。陶磁器の柄の紙ナプキンやカードなども揃っています アウガルテン陶磁器工房の中に併設されているショップ。陶磁器の柄の紙ナプキンやカードなども揃っています

■アウガルテン陶磁器工房
住所:Obere Augartenstrasse 1
電話番号:+43 1 2112 4200
URL: www.augarten.at(ドイツ語、英語)
アクセス:地下鉄U2 Taborstrasseより徒歩約5分、トラム31、バス5A、80Aも利用可。
併設ショップ営業時間:9:30〜17:00
定休日:土日祝日
工房ガイドツアー:月〜金10:00出発(ドイツ語、英語)祝日はなし。
ガイドツアー料金:6EUR
その他: 夏期休暇、クリスマス休暇あり、その時期は事前に要問い合わせ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/06/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索