page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ついつい頑張ってしまう旅行中だからこそ!自然食レストランで胃に優しく美味しいお食事を。


掲載日:2009/08/03 テーマ:グルメ 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: おいしい グルメ レストラン 健康にいい 野菜


素材にこだわった美味しい自然食がいただけます

お得なランチメニューのメインの一例。この日はサラダとポレンタ3種類。「ポレンタ」とはトウモロコシの粉で作った料理。美味しくアレンジしてありました。 お得なランチメニューのメインの一例。この日はサラダとポレンタ3種類。「ポレンタ」とはトウモロコシの粉で作った料理。美味しくアレンジしてありました。

旅行中はいつもよりも早起きして、いつもよりもたくさん歩いて、知らず知らずのうちに結構頑張ってしまっています。楽しいので気がつかないかも知れませんが、外食も続く為、体だけでなく、胃も疲れているかも!?そんな時におすすめなのがここ、自然食レストラン「Lebenbauer」 です。アラカルトでもたくさんの種類がありますが、お得なランチメニューもあり。前菜+メイン+デザートの3コースで12EURほど。メインは2種類から、デザートは数種類から選ぶ事が出来るので、ランチ時に行ったら日替わりメニューも要チェックです!

ベジタリアンメニューも充実!

「Lebenbauer」の店内。白を基調に、たくさんのグリーンで飾られた爽やかな店内。夏季にはテラス席も設けられ、外で気持ちよくお食事が楽しめます。確実に席を確保したい時は予約してくださいネ。 「Lebenbauer」の店内。白を基調に、たくさんのグリーンで飾られた爽やかな店内。夏季にはテラス席も設けられ、外で気持ちよくお食事が楽しめます。確実に席を確保したい時は予約してくださいネ。

このレストランでは食材にこだわった数々のお料理を楽しむことが出来ます。ビタミン、ミネラルバランスを考え、ほとんどのお料理にはラードなどの料理用油脂、卵、小麦粉を使わずに作られています。そしてベジタリアンメニューも充実!ベジタリアンでないお料理でも希望でベジタリアンにしてくれます。新鮮な魚を使ったお魚料理もあったり、豆腐を使ったメニューも数種類。オーストリアの他のレストランではなかなか見かけないお料理も食べられます。

メニューはドイツ語と英語で確認を!

白アスパラ(3月中旬〜6月)やキノコ(夏)、カボチャ(秋)など旬の野菜をたくさん使ったメニューも。季節の味を楽しんで。これは豆腐とキノコのソテーと、紫芋のマッシュドポテト添え。 白アスパラ(3月中旬〜6月)やキノコ(夏)、カボチャ(秋)など旬の野菜をたくさん使ったメニューも。季節の味を楽しんで。これは豆腐とキノコのソテーと、紫芋のマッシュドポテト添え。

このレストラン、素材にとても気を使っていて、お洒落な空間で美味しいお食事が楽しめるのですが、1つ気を付けて欲しいのがメニューの種類と値段です。観光客用に英語で書かれたメニューも用意されているのですが、ドイツ語のメニューと値段が違う場合があります。お得なランチメニューなども英語メニューには書いていない為、ドイツ語と英語のメニューを両方もらうようにしてくださいネ。 ドイツ語が分からない時はお店の人に聞けば英語でも教えてくれます。メニューを良くチェックして美味しくステキな時間を楽しんでくださいネ。

レストラン情報

「Lebenbauer」の外観。便利な1区内にあるので、観光しながら、お散歩しながら歩いて行くのもオススメ! 「Lebenbauer」の外観。便利な1区内にあるので、観光しながら、お散歩しながら歩いて行くのもオススメ!

■ Lebenbauer
住所:Teinfaltstrasse 3, 1010 Wien
電話番号:+43 1 533 55 56
URL: http://www.lebenbauer.eu/
営業時間:月曜〜金曜 11:00〜15:00、17:30〜22:30
定休日:土日祝日
アクセス:地下鉄U3 Herrengasse、U2 Shottentorから徒歩約5分。トラム1 , Dで市庁舎前、バス1AでFryungで降りると徒歩約2分。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2009/08/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索