page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・オペラ・音楽の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

オペラシーズン2015〜2016プログラム発表 プレミエ公演やポイントを要チェック


オペラシーズン2015〜2016

とっても豪華、そして素敵な雰囲気の国立オペラ座内。公演開始前に時間に余裕を持って行って中も色々見て回ってみてくださいね。 とっても豪華、そして素敵な雰囲気の国立オペラ座内。公演開始前に時間に余裕を持って行って中も色々見て回ってみてくださいね。

ウィーンのオペラのシーズンは毎年9月から翌年6月まで。7月8月は夏休みとなり、国立歌劇場とVolksoperでは公演はありません。毎年4月後半に翌シーズンの公演予定が発表されます。ウィーンには3つのオペラハウスがあり、シーズン中はほぼ毎日素晴らしい公演を楽しむ事が出来ます。ウィーンはレパートリーの数も豊富、そして音楽の都だけあってオーケストラはもちろん、出演者も世界中の人気アーティスト達が揃うとても魅力的な催しとなっています。来シーズンも気になる演目やアーティストが登場。特に気になるものをピックアップしてみます。

注目のプレミエ演目

国立オペラ座内、客席部分。比較的広々としている客席。荷物やコートなどを預けられるクロークは各階にあり。ロジェはコートかけがロジェ内にあるので預ける必要はありません。 国立オペラ座内、客席部分。比較的広々としている客席。荷物やコートなどを預けられるクロークは各階にあり。ロジェはコートかけがロジェ内にあるので預ける必要はありません。

国立歌劇場でのオペラプレミエ演目は5つ。ヴェルディの「マクベス」、エンゲルベルト・フンパーディンクの「ヘンゼルとグレーテル」、ヤナーチェクの「マクロプロス事件」、エトヴェシュ・ペーテルの「Three Sisters」、そしてプッチーニの「トゥーランドット」です。色んなジャンルのオペラがプレミエを迎えます。Volksoperではモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」、ラルフ・ベナツキーのオペレッタ「Im weisen Rossl」、そしてミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」もプレミエになります。

注目のアーティスト

オペラ座の建物は外から見ても素敵。建物内にはカフェもあり、そこでもオペラ生中継を見る事が出来ます。オペラショップではオペラやバレエグッズなどの他、公演の写真なども購入可能。サイン会がある時も! オペラ座の建物は外から見ても素敵。建物内にはカフェもあり、そこでもオペラ生中継を見る事が出来ます。オペラショップではオペラやバレエグッズなどの他、公演の写真なども購入可能。サイン会がある時も!

2015年5月に「ナブッコ」を歌ったドミンゴは2016年5月に今度は「椿姫」のジェロモン役で帰ってきます。歳を感じさせない高音を保つグルヴェローヴァは「アンナ・ボレーナ」で2016年9月に登場。最近は1年に1回しか聴けないアンナ・ネトレブコは2015年10〜11月にかけてチャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」で歌います。その他注目は2016年4月のゲオルギュー&カウフマンの「トスカ」豪華です。ロベルト・アラーニャも別の回の「トスカ」に出演。人気急上昇のJuan Diego Florezは3演目での登場など書ききれないほど世界的に有名な歌手が集います。

気軽に!そしてディープに音楽を楽しむ!

オペラ座横にある噴水。昼間もたくさんの人で賑わいます。オペラ座内部ツアーもあり。中だけでも行ってみる価値あり!の劇場です。 オペラ座横にある噴水。昼間もたくさんの人で賑わいます。オペラ座内部ツアーもあり。中だけでも行ってみる価値あり!の劇場です。

気軽に楽しめる方法として立ち見席があります。来シーズンも料金は据え置き、パルテッレは4EUR,そしてバルコン&ギャラリーは3EURでこの素晴らしい時間が楽しめてしまうのです。もっとすごいのは無料の大スクリーンで生中継が!9月、そして4〜6月そして年末年始の「こうもり」にはオペラ座横に大クリーンが設置され、生中継の様子がなんと無料で楽しめます。9月にはオープンハウスがあり、7月と8月には市庁舎前でフィルムフェスティバルがあります。Theater an der Wien, Kammmer operなどでも素敵な演目あり!ウィーンに来るならば是非プログラムをチェックしてみてくださいね。

関連情報

年に一度のオペラ座舞踏会や、年末年始の「こうもり」、そして有名歌手が出演する場合はチケット入手困難ですが、一度は行ってみたいと日本からも多くのゲストが訪れています。 年に一度のオペラ座舞踏会や、年末年始の「こうもり」、そして有名歌手が出演する場合はチケット入手困難ですが、一度は行ってみたいと日本からも多くのゲストが訪れています。

■ウィーン国立歌劇場/Wiener Staatsoper
Address:Opernring 2, 1010 Wien
Tel: +43 (1) 51444-2250
最寄り駅:地下鉄U1,U2,U4、トラム1,2、71、DなどKarlsplatz、Opera出口すぐ
URL:http://www.wiener-staatsoper.at/
■Volksoper Wien
Address:Wahringer Strase 78、 A-1090 Wien
Tel: +43/1/514 44-3670
最寄り駅:U6 Volksoper、トラム40,41,42でVolksoper下車すぐ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/08/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索