page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

市内中心地にありながら、ゆっくりくつろげる隠れ家的カフェ〜Cafe Hofburg〜


歴史ある王宮の一角にあるカフェ

Cafe Hofburgのショーウィンドーのケーキ。ウィーンの伝統的なケーキや季節限定のケーキ、焼き菓子などが並んでいます Cafe Hofburgのショーウィンドーのケーキ。ウィーンの伝統的なケーキや季節限定のケーキ、焼き菓子などが並んでいます

ウィーン1区内にある王宮はHofburgと呼ばれ、長い間権力を握っていたハプスブルグ家が住居としてきた場所です。ミヒャエル広場からアルベルティーナ広場、そしてHeldenplatzにリング通りまで建物は続いています。今ではその中に「アルベルティーナ美術館」「皇帝の部屋とシシィ博物館」「王宮宝物館」など数多くのミュージアムや、美しい国立図書館、スペイン乗馬学校などがある他、一般市民が住んでいるアパートメント部分、国際機関が使用している場所などもあります。とにかくとても大きな王宮ですが、その一部分、王宮のHof(中庭)になっている場所に面してカフェがあります。それが今回ご紹介するCafe Hofburgです。

ウィーンの伝統的なカフェの1つ

Cafe Horburgの中の様子。高い天井からはシャンデリアが下がり、大きな窓からは宮殿の中庭が見え、部屋の壁に沿って心地よいソファー席が設置されています。広いのでベビーカーもそのまま入れて、ゆったりとくつろげる空間が広がっています。 Cafe Horburgの中の様子。高い天井からはシャンデリアが下がり、大きな窓からは宮殿の中庭が見え、部屋の壁に沿って心地よいソファー席が設置されています。広いのでベビーカーもそのまま入れて、ゆったりとくつろげる空間が広がっています。

ウィーンにはたくさんの伝統的なカフェがありますが、このHofburgもその1つ。ウィーンの大きなカフェグループLandtmanと同じ系列で、伝統的なコーヒーやケーキ、食事を楽しむ事が出来ます。営業時間の間はいつでも温かい食事をオーダーする事が出来て、様々なバリエーションのウィーン風朝食は10:00〜11:30の間オーダー可能。その他の時間はスープやサラダ、ちょっとした軽食やサンドイッチ、しっかりと食べられるメイン料理などが揃っていてオーストリアの味を楽しむ事が出来ます。

もちろんウィーン風ケーキやコーヒーも揃っています

頼める飲み物の1つ、「Schokocino」。ホットチョコレートとコーヒーを混ぜたもので上には甘くない生クリームが乗っています。上にかかっているのはキャラメルソース、甘さ控え目が好きな方はソースなしでオーダーする事も可能です。 頼める飲み物の1つ、「Schokocino」。ホットチョコレートとコーヒーを混ぜたもので上には甘くない生クリームが乗っています。上にかかっているのはキャラメルソース、甘さ控え目が好きな方はソースなしでオーダーする事も可能です。

ウィーンのカフェで欠かせないケーキとコーヒー。Cafe Hofburgでももちろんたくさんの種類が揃っています。Cafe Hofburgを含むLandtmann系列のカフェはケーキやコーヒーの種類がとても多く、ベリー系や栗など季節限定のケーキも登場します。ケーキはショーケースに並んでいますし、メニューには写真もたくさん使われているので言葉が分からなくても見て選べるのも嬉しいですね。生クリームのたっぷり乗ったコーヒーやアルコールの入ったコーヒー、暑い時期のアイスクリームの入った飲み物などコーヒーもウィーンならでは!のものがたくさんありますので試してみるのもいいかもしれません。

夏にはテラス席が出て、毎週日曜日にはピアノ演奏もあり

「Paradeis' Cremesuppe」ウィーンではトマトの事をParadiserと呼ぶことがあり、ここのメニューもParadeis' Cremesuppe(トマトクリームスープ)」となっている。ボリュームもあり、セメル(パン)と合わせると軽いお食事としても頂けます。。 「Paradeis' Cremesuppe」ウィーンではトマトの事をParadiserと呼ぶことがあり、ここのメニューもParadeis' Cremesuppe(トマトクリームスープ)」となっている。ボリュームもあり、セメル(パン)と合わせると軽いお食事としても頂けます。。

また3月下旬〜10月下旬には外にテラス席が設置されます。カフェの外は大きな銅像が置かれた中庭になっていて、横の道は限られた車と馬車しか通れないので、とても静か。行き交う人や馬車、そして王宮の建物を見ながら静かにカフェタイムを楽しむ事が出来ます。毎週日曜にの11:30〜13:30には店内に置かれたピアノの生演奏もあり。座席は予約可能ですので電話や通りがかった時に席を予約する事も出来ます。このカフェのいい所はこんな中心のロケーションにありながら比較的空いているということ。観光の合間にランチや休憩で立ち寄るのにとてもいいロケーション、ウィーンの伝統的な食べ物・飲み物があり、素敵な宮殿内!ときたらお勧めしない訳にはいきません。隠れ家的な素敵なウィーンのカフェ、Cafe Hofburgお勧めです。

Cafe Hofburg 詳細

カフェの外観。陽が当たるのは昼頃から夕方にかけて。日差しの強い時には日よけが出て、寒い日はブランケットが用意されていたり・・・外を楽しみたいウィーン人に混ざってテラス席でくつろいでみるのもお勧め。 カフェの外観。陽が当たるのは昼頃から夕方にかけて。日差しの強い時には日よけが出て、寒い日はブランケットが用意されていたり・・・外を楽しみたいウィーン人に混ざってテラス席でくつろいでみるのもお勧め。

住所:Innerer Burghof 1、1010 Wien
Tel: +43 1 24 100-400
Email:hofburg@cafe-wien.at
営業時間:毎日10:00〜18:00
アクセス:U1,3Stephansplatzより徒歩10分、U3 Herrengasseより徒歩5分、U2,3Volkstheaterより徒歩5分、もしくはトラム1,2、DのBurgringより徒歩3分
HP:http://www.cafe-hofburg.at/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索