page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

遡ればトルコのバクラヴァに辿り着くアップルパイ


掲載日:2017/11/02 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: おいしい カフェ スイーツ


ウィーンのアプフェルシュトゥルーデル

ウィーンの伝統的カフェ、ティローラーホーフのアプフェルシュトゥルーデル ウィーンの伝統的カフェ、ティローラーホーフのアプフェルシュトゥルーデル

ドイツ語圏ではおなじみのアプフェルシュトゥルーデル。アップルパイのドイツ語圏版だが、皮がパリパリしているのではなく、全体にしっとりした感じだ。ドイツ語でアプフェルは林檎、シュトゥルーデルは渦を巻いた状態のもの。カットした林檎とレーズンをパイ生地でぐるぐる巻いてオーブンで焼く。一昔前までは、ドイツ語圏でケーキといえばこのアプフェルシュトゥルーデルが主流で、どこのレストランでもコース料理の最後にコーヒーと共に出てきたデザートだった。新しいケーキが次々に考案されていくので、最近はドイツ語圏で町のケーキ店に並ぶことがなくなった。しかし、このシナモンの利いたレーズン入りのアプフェルシュトゥルーデルは素朴な味で見た目も地味とはいえ、ドイツ系ケーキの原点であり、じっくり味わうと実に美味しいと感じる。

アプフェルシュトゥルーデルを味わうならウィーンへ行こう

老舗デーメルのショーウィンドウにはアプフェルシュトゥルーデルが並んでいる(右端下) 老舗デーメルのショーウィンドウにはアプフェルシュトゥルーデルが並んでいる(右端下)

なかなか出会うことのないアプフェルシュトゥルーデル。一体どこで巡り会うことができるのか。それはウィーンに行けば必ず出会える。ドイツ語でケーキ店のことをコンディトライと言う。有名なデーメルはコンディトライ、ザッハートルテで有名なザッハーはカフェである。コンディトライはケーキが主流なので入ると直ぐケーキがズラリと並んだ大きなショーケースがある。そしてその奥や二階にケーキを食べる場所がある。カフェはコーヒーがメインだがケーキもある。コンディトライから仕入れているカフェもあれば、その店で作っているものもあり、アプフェルシュトゥルーデルは大体どこのカフェでも独自に作っている。伝統的カフェを巡り歩いてアプフェルシュトゥルーデルを食べ比べてみるのも楽しい。デーメルやザッハーなど老舗でも味わうことができる。

トルコからハンガリーへ、そしてウィーンへ

ガズィアンテップのカフェ・イマーム・チャーダシュで作るバクラヴァは生地を透き通るまで薄く伸ばしてある ガズィアンテップのカフェ・イマーム・チャーダシュで作るバクラヴァは生地を透き通るまで薄く伸ばしてある

ウィーンにアプフェルシュトゥルーデルが伝わったのはハンガリーからだった。ハンガリーではレーテシと呼ばれ、やはりしっとりとしたアップルパイで人気がある。そしてこのレーテシは、トルコから伝えられたものだった。ハンガリーは16世紀半ばから約150年に渡ってオスマントルコに支配されていた。その時にオスマントルコは色々な文化をハンガリーに伝えたが、そのひとつがレーテシだった。このパイは、トルコではバクラヴァと呼ばれているもので、バターたっぷりの強力粉を薄く延ばして渦巻き状にする。中に入れるのはトルコの名産ピスタチオだったりするが、最後に糖蜜をかけるところがハンガリーやウィーンとは異なっている。トルコのバクラヴァはガズィアンテップのイマーム・チャーダシという店が有名で、一番おいしい。

ケーキ屋さんよりも伝統的なカフェでどうぞ

フレッシュフルーツをあしらった鮮やかなケーキが並ぶウィーンのコンディトライ フレッシュフルーツをあしらった鮮やかなケーキが並ぶウィーンのコンディトライ

ウィーンでは最近どこのコンディトライでもふんわりと柔らかいケーキを作るようになった。フランス風に果物を生のままあしらっていたりもする。甘さも少し控えめで軽い感じだ。これに対してアプフェルシュトゥルーデルはどっしりと重みがあり、いかにもドイツ風。日本のアップルパイとは食感が異なり、全く別のケーキである。この古風なドイツ語圏版アップルパイはウィーンで食べるのが一番美味しい。ウィーンのカフェで独自に作っているスイーツはメールシュパイゼン(小麦粉料理)と呼ばれ、パラチンケン(クレープ)やアプフェルシュトゥルーデルが定番。コンディトライだけでなく、伝統的なカフェで注文することもお勧めしたい。是非、ドイツ語圏版アップルパイを味わってみよう。

データ

焼き上がったイマーム・チャーダシのバクラヴァ 焼き上がったイマーム・チャーダシのバクラヴァ

アプフェルシュトゥルーデルが美味しいウィーンのカフェとコンディトライ

カフェ・ティローラーホーフ Tirolerhof
住:Fuhrichgasse 8 1010 Wien
電:+43(1)512 7833
開:月曜から土曜07:00〜22:00、日曜9:30〜21:00
UEL:なし

コンディトライ・デーメルDemel
住:Kohlmarkt 14 1010 Wien
電:+43 (1) 535 17 17 0
開:毎日09:00〜19:00
http://www.demel.at/index_flash.htm

カフェ・ザッハー Sacher
住:hilharmonikerstrasse 4, 1010 Wien
電:+43 (1 )51 456 661
開:毎日8:00〜0:00
交:トラムのD,J,1,2,71 Kaerntne Ring / Oper 徒歩2分
www.sacher.com

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2017/11/02)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索