page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・祭り・イベントの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

世界遺産のシェーンブルン宮殿で開催!ウィーンフィルの夏の野外コンサート


毎年夏に開催される恒例野外コンサート

コンサートが開催されるシェーンブルン宮殿のお庭。ウィーンに来たら外せない観光スポットの1つ。 コンサートが開催されるシェーンブルン宮殿のお庭。ウィーンに来たら外せない観光スポットの1つ。

2004年から毎年開催されている恒例のウィーンフィル、サマーコンサート!2018年は指揮者に Valery Gergievを迎えて盛大に開催されます。彼は2011年のサマーコンサートや2014年のソチ冬季オリンピックでも指揮を担当した世界的に活躍するロシア人の指揮者です。

このコンサートは指揮者だけではなく世界的に有名な歌手や音楽家をゲストに迎えて開催される地元の人にも大人気のイベントで世界82か国にも中継されます。過去のコンサートはCDやDVDになって発売されているという大人気のコンサートです。

入場はなんと無料!

シェーンブルン宮殿は世界遺産にも指定されています。お庭はとても広いですが、天気が良くて時間に余裕があれば是非ゆっくり散歩してみてください。 シェーンブルン宮殿は世界遺産にも指定されています。お庭はとても広いですが、天気が良くて時間に余裕があれば是非ゆっくり散歩してみてください。

世界有数の伝統と歴史あるウィーンフィルのコンサート、しかも世界遺産のシェーンブルン宮殿で開催されるのに、実はこのコンサート無料なんです!さすが音楽の都ウィーン!といいたくなる企画!広いシェーンブルンのお庭で開催されるので、本当にたくさんの人がその場所に入る事が出来ます。当日は特設ステージが設置され、約50か国ほどのテレビ中継もされます。

一般客はお庭の空いている所で聴く事が出来るので予約する事もなく、その時間にそこにいれば誰でもコンサートを楽しめます。とは言え、大人気のコンサートでたくさんの人が訪れますので、いい場所を取りたければ早めに行く事をお勧めします。

アクセス、注意事項など

シェーンブルン宮殿のお庭の中で小高くなっているグロリエッテからの眺め。宮殿もウィーン市内も一望出来る絶景スポット! シェーンブルン宮殿のお庭の中で小高くなっているグロリエッテからの眺め。宮殿もウィーン市内も一望出来る絶景スポット!

会場はシェーンブルン宮殿です。このコンサートの為だけに特設会場が設けられ、当日は庭園いっぱいに人が訪れます。宮殿の正面の門は利用不可能で、敷地内両端のMeidlinger Tor、もしくはHietzinger Torからの入場となります。Meidlinger Torへ行くには地下鉄U4Schoenbrunn駅から、Hietzinger Torへ行くにはU4Hietzing駅からが便利です。当日の昼よりドリンクや軽食を売るスタンドが営業を開始しはじめ、午後には場所を取る人達が集まり始めますが、とても広い会場なので夜に行っても大丈夫。駅から入場出来る門まで、またステージが設置される中央の庭までは結構歩くので歩きやすい靴で行く事をお勧めします。

また5月末でも夜は冷える事もありますし、ちょっとの雨では中止にならないので天気予報を必ず確認し、天候に合った服装で行ってくださいね。

コンサート情報詳細

お庭にはたくさんの彫刻が置かれています。「美しい泉」という意味のシェーンブルンにはその名の通りたくさんの泉や噴水もあります。宮殿だけではなくお庭の散歩も楽しんでくださいね。 お庭にはたくさんの彫刻が置かれています。「美しい泉」という意味のシェーンブルンにはその名の通りたくさんの泉や噴水もあります。宮殿だけではなくお庭の散歩も楽しんでくださいね。

開催日時:2018年5月31日20:30〜
開催場所: Schoenbrunn Palace, Palace Gardens、 1130 Vienna
問い合わせ:Wiener Philharmoniker
電話番号:+43 1 505 6525
HP:http://www.sommernachtskonzert.at/
https://events.wien.info/en/sfg/summer-night-concert-schonbrunn/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2018/03/24)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索