page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

2019年は特別イベントも開催!天井のフレスコ画が間近で観られるカールス教会


天井の美しいフレスコ画が間近に!

教会内部ドーム天井に描かれたフレスコ画。間近で見られる美しいフレスコ画は圧巻の一言。 教会内部ドーム天井に描かれたフレスコ画。間近で見られる美しいフレスコ画は圧巻の一言。

神聖ローマ帝国の皇帝だったカール6世がペストの鎮静を祈願して建てさせた美しいバロック建築のカールス教会は、1739年に完成しました。正面に建つ巨大な2本の円柱と、緑色の大きな屋根が目を引く豪華な教会ですが、内部のフレスコ画も見事!

修復に必要だっため足場を組んだのですが、この足場にあるエレベーターを使って天井のフレスコ画のすぐそばまで行けるようになっています。以前は結構揺れていたりしたのですが、2018年、足場を新しくして揺れが少なくなり、そして新たにドーム天井にある窓の1つまで行けるようになりました。

もちろん今まで通りドーム内部に描かれたフレスコ画も間近で見ることが出来ます。普通は遠くからしか見ることが出来ないフレスコ画が、この教会ではじっくりと近くで楽しめます。

2019年は特別イベントを開催

教会内に浮かぶボールの1つ。ミラー部分に移しだされた教会内部やフレスコ画もキレイ。下から見ると今まで見た事のない角度で教会内部を楽しむ事が出来ます。 教会内に浮かぶボールの1つ。ミラー部分に移しだされた教会内部やフレスコ画もキレイ。下から見ると今まで見た事のない角度で教会内部を楽しむ事が出来ます。

カールス教会では2018年から引き続きコンテンポラリーアートのイベントが開催されています。これは世界各国を回って燃料を一切使わず「空気」と「太陽の熱」を利用して物や人を飛ばしているプロジェクトの一環で、カールス教会の中には2つの巨大なボールが浮かんでいます。

ボールの半分は鏡のように教会内部が映し出されていますので、上から見下ろすとドーム内部のフレスコ画が映って見えますし、下から見上げると教会内部が映って見えます。

最新のテクノロジーを駆使したアートプロジェクトによって、今までとは違った光景を楽しむ事が出来るのは今だけ!予定では2019年末まで開催中です。

プロジェクトのHPはこちら
http://aerocene.org/

コンサートやイベントも!

カールス教会のパイプオルガン。美しい教会に厳かな音が響きます。 カールス教会のパイプオルガン。美しい教会に厳かな音が響きます。

この教会にあるパイプオルガンも見事で、建設された当時1739年からあるバロックオルガンを元に、1847年に拡張され、今に至ります。グリュックやシューベルトなども弾いたというこの歴史あるオルガンは、今でもミサなどでその音色を聴かせてくれます。

またカールス教会では、コンサートも頻繁に開催されています。「Orchestra 1756」というオーケストラがモーツァルトの「レクイエム」と、ヴィヴァルディの「四季」を演奏。チケットはオンライン(
https://www.konzert-wien.info/など)で販売されています。

教会前の広場では夏の映画上映や音楽イベント、冬はクリスマスマーケットなども開催されるなど、地元の人にも親しまれています。夏は教会前の池にその姿が映り、夜はライトアップされて素敵な景色も楽しめるカールス教会、是非立ち寄ってみてくださいね。

カールス教会 詳細情報

カールス教会の外観。教会前の池に映る姿もまた素敵です。冬季は水が抜かれますが、11月後半からクリスマスまで開催されるクリスマスマーケットも華やかです。 カールス教会の外観。教会前の池に映る姿もまた素敵です。冬季は水が抜かれますが、11月後半からクリスマスまで開催されるクリスマスマーケットも華やかです。

住所:Kreuzherrengasse 1, 1040 Wien
見学可能時間:月〜土9:00〜18:00、日祝12:00〜19:00
入場料:大人8EUR、11歳以上の子供4EUR、シニア/ウィーンカード割引あり
Email:kontaktkarlskirche.at
HP:http://www.karlskirche.at/
アクセス:地下鉄 U1, U2, U4、トラム: 1,6Karlsplatz利用、いずれも下車徒歩3〜5分

教会でのコンサート情報/チケット予約
https://www.konzert-wien.info/など

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/03/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索