page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・憧れホテルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ウィーンのお薦めホテル、この上なく観光に便利なホテル・アストリア


掲載日:2019/06/10 テーマ:憧れホテル 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: 街歩き 穴場 歴史


比較的治安の良い街、極め尽くせないほど見所の多いウィーン

フューリヒガッセにあるホテル・アストリアのエントランス フューリヒガッセにあるホテル・アストリアのエントランス

イギリスの定期刊行物「エコノミスト」の調査部門と、アメリカのコンサルティング会社マーサーが毎年選んでいる“世界で最も住みやすい街”で、ウィーンは何度も一位になっている。住みやすい街は行きたい街といえる。昨今、ヨーロッパの人気観光都市でテロが相次いていることを思うと、一度もテロ事件が起こっていないオーストリアは旅行者にとって比較的安全な国で、ウィーンは安心して観光できるともいわれている。言うまでもなくウィーンはあらゆる面で魅力的だ。音楽はもちろんのこと、建築、絵画、デザインなどで優れた文化があり、世界的に有名なコンサートホールや劇場、美術館や博物館がたくさんある。何度訪れても極められないほど奥が深い。そんなウィーンを訪れるとき、お薦めしたいとっておきのホテルを紹介しよう。旧市街のど真ん中にあるホテル・アストリアHotel Astoriaだ。1912年に誕生しており、100年以上の歴史がある。

トラム停留所や地下鉄駅へ近く、観光に大変便利

玄関を入ると左手にレセプションがあり、右手にソファーが、その奥にはカフェ&バーがある 玄関を入ると左手にレセプションがあり、右手にソファーが、その奥にはカフェ&バーがある

アストリアはリングの内側、しかも歩行者専用道路のケルントナー・シュトラーセKaerntner Strasseに面している。この通りはショッピング通りとして知られるウィーンで最も観光客が多い所。両側にたくさんの土産物店が並んでいる。ホテルの入口はケルントナー・シュトラーセからフューリヒガッセFuehrichgasseに入った直ぐにあり、最高レベルの立地だ。ケルントナー通りを100メートルほど南へ歩けばウィーン国立歌劇場がある。オペラ鑑賞で夜遅くなっても徒歩2〜3分でホテルに戻れる。市内観光は便利極まりない。ここに宿をとればリングの内側は全て歩いて回れる。リングの周りはトラムで廻るが停留所のオーパー/カールスプラッツOper/Karlsplatzは歌劇場の目の前にある。その他の観光スポットへは地下鉄で。地下鉄1号線と3号線のシュテファンスプラッツ駅や1号線、2号線、4号線のカールスプラッツ駅へは徒歩4〜5分だ。

19世紀末のウィーンを彷彿させるクラシックなホテル

シンプルだか品のある客室に古い絵が飾られている シンプルだか品のある客室に古い絵が飾られている

ホテルの重い扉を開けて中に入ると、まずその重厚さに圧倒される。壁はダーク調の板張り、広いロビーにはしっかりした革製の赤いソファーが置かれ、隅にはカウンター席とソファー席が設けられたカフェ&バーがある。感動的なのはエレベーターだ。古いヨーロッパの映画に出て来そうなガラス張りのエレベーターはとってもレトロ。各階の廊下は幅が広く造られて狭苦しさがない。客室のドアを開けて驚いた。ドアの向こうにまたドアがある。つまり二重扉で廊下側の音をシャットアウトしているのだ。部屋は程よい大きさで洗面所も広く、嬉しいことにバスタブ付きが多いという。各部屋にはウィーンの古い絵や、クリムトなど名画の複製画が飾られている。ケルントナー・シュトラーセに面した部屋では窓を開けると賑やかだが、一重窓なのに閉めると騒音は全く聞こえない。

古風な宿泊客が似合うレトロなアストリア

エレベーターの周りに階段が設けられ、ここを昇り降りするのも趣がある エレベーターの周りに階段が設けられ、ここを昇り降りするのも趣がある

朝食は2階のレストランで頂く。ウィーンの名物菓子グーゲルフプフ(フランスではクグロフと呼ばれている)がデザートコーナーに並んでいるのが、いかにもウィーンらしい。ホテルの外観は極めてクラシックだ。1912年にいわゆる“Fin-de-Siecle Stil(世紀末様式)”で建設され、数カ月前にタイタニック号沈没で命を落としたホテル王、アストリア氏に因んでホテル名をアストリアとした。1978年からオーストリア・トレンド・ホテルのグループに所属している。外部も内部も、建設当初から今日まで全く変わっていない。それ故に本物の古さが伝わってくるのだ。エレベーターで毛皮をまとった御婦人と乗り合わせた。毛皮のコートとは珍しい。そんなお客さんが泊っているのも、ホテル・アストリアらしい。

データ

ケルントナー・シュトラーセ(左側)とフューリヒガッセ(右側)の角に建つホテル・アストリア ケルントナー・シュトラーセ(左側)とフューリヒガッセ(右側)の角に建つホテル・アストリア

ホテル・アストリア
Hotel Astoria

住所:Kaerntner Strasse 32-34
電話:+43 1 515 7788
客室数:128
宿泊料:朝食付きで170ユーロから400ユーロ、
部屋の種類の他に季節やイベント時期などにより料金は変化
予約:reservierung.astoria@austria-trend.at
アクセス:地下鉄1号線、3号線のシュテファンスプラッツStephansplatz徒歩5分、
     地下鉄1号線、2号線、4号線のカールスプラッツKarlsplatz徒歩6分

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/06/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索