page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

トラムでアクセス可能!ウィーンの森のハイキング気分も楽しめる公園〜Poetzleinsdorfer Schlosspark〜


自然たっぷり!ゆっくり楽しめるお城の庭園

トラムの停留所からすぐにある公園の入り口。閉まっているように見えてもドアが開閉しますので、押してみて下さい。 トラムの停留所からすぐにある公園の入り口。閉まっているように見えてもドアが開閉しますので、押してみて下さい。

ウィーンはオーストリアの首都でありながら、緑地や公園もたくさんあり、生活の場所と自然がとても近い都市です。今回ピックアップするこの公園もその1つ、1935年まで私有地だったお城とその敷地が一般開放されて、今では市民の憩いの場となっているPoetzleinsdorfer Schlossparkです。

お城の建物自体は今は音楽学校になっているので、外観のみ楽しむ事が出来ますが、公園の入り口はお城の入口の佇まいを今も残しています。

公園の中に残るモニュメント

庭園内にあるギリシャ風の建物。緑に囲まれてキレイ。 庭園内にあるギリシャ風の建物。緑に囲まれてキレイ。

敷地内には池があったり、花木がキレイに植えられていたりときちんと手入れされていますが、お城時代の雰囲気を残すモニュメントも点在しています。ギリシャ風の建物は、木陰にあり公園内を見渡すことも出来ますし、ベンチも置いてあるのでお散歩中に休憩するのもいいですね。

他にも彫刻や、記念碑などもあるので、お城として使われていた時の雰囲気も楽しめます。

ミニ動物園や子供の遊び場もあり!

庭園内にある動物コーナー。地元の子供や、家族連れにも人気です。 庭園内にある動物コーナー。地元の子供や、家族連れにも人気です。

公園内には山羊や羊などの動物を飼っているスペースもあり、ちょっとしたミニ動物園気分も楽しめます。他にも子供の遊具などが揃っている遊び場スペースや、トランポリンやテーブルテニス、バレーボール、エクササイズなどが出来る場所もあるので、大人も子供も色々と楽しむ事が出来ます。

広い敷地内にはハイキング気分を楽しめるトレイルも整備されていて、ウィーンの森の気分を楽しめる高低差のあるコースを歩けます。約4キロの比較的簡単なトレイルの他に、公園の奥、眺望も楽しめる標高390mのSchafbergwiese周辺を歩けるトレイルもあり!

広い芝生や、たくさん設置されているベンチでピクニックしたり、ゆっくり過ごしたりと様々な楽しみ方が出来るPoetzleinsdorfer Schlossparkで地元の人と一緒にゆっくりウィーンの日常気分を味わってみるのもお勧めです。春〜夏の間はマダニが発生しますので、気になる方は事前に薬局で虫よけスプレーなど購入して使用するのもいいかも知れません。

Poetzleinsdorfer Schlosspark 詳細情報

運が良ければ野生のシカなどにも出会えるかも知れません。 運が良ければ野生のシカなどにも出会えるかも知れません。

住所:Geymuellergasse Poetzleinsdorfer, Schlosspark, 1180 Wien
開門時間:月曜〜金曜7:00、土日8:00
閉門時間:5〜8月21:00、9月20:00、10月1〜24日19:00、10月25日〜2月1日17:00など時期によって変わります。ウィーン市HP(下記)で確認してください。
入園無料
ウィーン市のHP:https://www.wien.gv.at/umwelt/parks/anlagen/poetzleinsdorf.html
アクセス:Schottentorからトラム41番で約20分、終点Wien Poetzleinsdorf停留所下車すぐ

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/06/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索