page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
オーストリア・ウィーン・城・宮殿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

ハプスブルグ家ゆかりの地!ウィーン郊外にあるお城と素敵な公園〜Schloss Laxenburg〜


掲載日:2020/09/25 テーマ:城・宮殿 行き先: オーストリア / ウィーン

タグ: 遺跡 穴場 公園 素晴らしい 博物館 歴史


ウィーン郊外の美しいお城と庭園

敷地内の池の真ん中に建つFranzensburg 敷地内の池の真ん中に建つFranzensburg

ウィーンの郊外、約15キロほど南にあるラクセンブルグは、13世紀頃からこの地の領主が建てたお城がありましたが、14世紀にはハプスブルグ家の所有になりました。そして18世紀頃にはお城だけではなく、周辺も発展し、今でも美しい建物を見ることが出来ます。

お城の内部はミュージアムになっていて、ガイドツアーのみで見学可能です。 Franzensburgはシーズン中の毎日11:00、12:00、14:00、15:00、High Tower and Above the Roofsはシーズン中の毎日13:00、16:00にガイドツアーを開催しています。ガイドツアーの料金は大人11ユーロ、6〜14歳(写真付きID持参の場合は18歳まで)の子供は7ユーロです。

お城は池の真ん中にある島に建っているので、ロープ伝いに動く家のような形をしたフェリーで渡ります。料金は3歳以上は1人70セントで、運行時間は10:00〜19:00です。お城へはフェリーを使わず裏側にある橋を渡って行く事も可能です。

ゆっくり楽しみたいお城の敷地内

13世紀まで歴史をさかのぼる事が出来る敷地内のAltes Schloss 13世紀まで歴史をさかのぼる事が出来る敷地内のAltes Schloss

お城の敷地内に入るには、大人2,8ユーロ、6〜14歳(写真付きID持参の場合は18歳まで)の子供1,5ユーロの入園料がかかります。とても広く、見どころもたくさんある素敵な庭園なので、入場料を払う価値はあり!その分、ゆっくりと時間を取って楽しむ事をお勧めします。

敷地内にはいくつかの歴史的な建物などが残り、絵になる景色が楽しめます。運河が流れ、滝もありますし、レストランや子供の遊び場、トイレなどの施設もありますので、散歩や休憩をしながらゆっくりと楽しんでくださいね。

ボートやミニトレインもあり!

敷地内、お城の周りの池に浮かぶボート。ゆっくりと楽しめるクッション&日よけ付きのボートもあり! 敷地内、お城の周りの池に浮かぶボート。ゆっくりと楽しめるクッション&日よけ付きのボートもあり!

敷地内の池には貸しボートもあり!イースターから10月26日の間、月曜から木曜の10:00〜18:00(返却は19:00まで)、金土日祝は9:00〜19:00(返却は20:00)まで貸しボート屋さんが営業しています。様々なタイプのボートがありますので、水上からの素敵な景色をゆっくりと楽しみたい方は是非トライしてみて下さい。

また敷地内、エントランスとボート乗り場、そしてFranzensburgへのフェリー乗り場を行き来しているミニトレインもあります。4月上旬から11月1日の毎日10:00〜18:00の間、運行していて料金は大人4ユーロ、15歳までの子供は2,5ユーロです。

このように敷地内はとても広く、ゆっくりと楽しめば1日遊べてしまう場所でもあります。とても素敵な場所ですし、ウィーンから気軽に日帰りで訪れる事が出来ますので是非チェックしてみて下さいね。

ラクセンブルグ城 詳細情報

お城の庭園内に建つBlauen Hofといわれる建物。入口近くにあり、フランツ・ヨゼフ帝とシシィの子供であるルドルフが誕生した場所。 お城の庭園内に建つBlauen Hofといわれる建物。入口近くにあり、フランツ・ヨゼフ帝とシシィの子供であるルドルフが誕生した場所。

住所:Schlossplatz 1、A-2361 Laxenburg
電話番号:+43 2236 71226-0
シーズン:7月1日〜11月1日(庭園は通年オープン・有料)
アクセス:Hauptbahnhofからバス200番でLaxenburg Franz-Josephs Platz下車(所要時間約30分)、徒歩約3分
HP:https://www.schloss-laxenburg.at/

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/09/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索