ウィンナーコーヒーって、現地でもポピュラー?

日本のカフェで飲むウィンナーコーヒー、美味しいですね。コーヒーにくるくると巻いた形のクリームが乗っかり、姿かたちもちょっと贅沢です。当然、本場のウィーンでも、ウィンナーコーヒーは、ポピュラーかというと、そうでもないのです。ウィーンのカフェで、「ウィンナーコーヒー」を注文しても、ケルナー(ウェイター)に、「それは何ですか?」と言われてしまいます。実は、「ウィンナーコーヒー」は、和製英語(和製ドイツ語かも?) なのです。

ウィーンのカフェでコーヒーを飲んでみよう ウィーンのカフェでコーヒーを飲んでみよう

御者の注文だったアインシュペンナー

日本のウィンナーコーヒーに、一番近いものは、アインシュペンナーといいます。陶器のカップではなく、ガラスのカップでサービスされるのが特徴です。アインシュペンナーとは、「一頭立ての馬車」という意味です。御者が、仕事中にもコーヒーが飲みたいということで、馬車の上でもコーヒーがこぼれないように、コーヒーにクリームで蓋をしたことが由来だといわれています。

ウィーンのコーヒー、いろいろ

ウィーンっ子たちは、それほどアインシュペンナーを飲みません。日常的に飲むには、ちょっとカロリーが気になりますから。よく飲まれているコーヒーは、メランジェ。ふつうのコーヒーに、スチームアップしたミルクをのせてあるものです。もちろん、ふつうのブラックコーヒーもあります。「プラウナー」といえば、イメージどおりのブラックコーヒーが出てきます。また、日本のアイスコーヒーにあたるものは、ウィーンの伝統的なカフェにはありません。カフェのメニューに、アイスコーヒーは載っていますが、これはコーヒーフロートです。日本のアイスコーヒーにあたるものは、最近はスターバックスコーヒーにありますので、どうしても飲みたい方はスターバックスへどうぞ。

ウィーンっ子は、昔も今もカフェに行く

カフェは、ウィーンに古くからある社交場でもあります。ウィーンっ子たちには、行きつけのカフェがあり、友人とおしゃべりを楽しんだり、新聞や雑誌を読んで過ごします。最近は、愛煙家の肩身が狭くなってきていますが、まだウィーンのカフェでは喫煙席を設けているカフェが多くあります。嫌煙家はスターバックスコーヒーに行っているという噂もあります。カフェの文化があるウィーンでスターバックスは流行らないといわれていたのですが、煙草が嫌いな人に受けているようですよ。