暑い日にぴったりのドリンクは?

暑い日には、さわやかな飲み物が欲しいですね。それにちょっぴりアルコールが入っていれば最高です。そんなときのオススメは、スプリッツァーとラドラーです。オーストリアやドイツでよく飲まれている気軽でちょっぴりオシャレな雰囲気のお酒なんですよ。

さわやかなお酒はいかが? スプリッツァーとラドラー さわやかなお酒はいかが? スプリッツァーとラドラー

オシャレなワインのカクテルはいかが?

スプリッツァーは、オーストリア生まれの白ワインの炭酸割りです。その名前は「はじける」との意味からきています。炭酸がプシプシと弾けるからですね。カクテルの一種なのですが、作り方はとてもカンタン。冷えた白ワインに炭酸水を注ぐだけです。オーストリアでは、よく飲まれている気軽な飲み物です。炭酸水で割るだけあって、アルコール度数はそれほどありませんので、アルコールがそれほど飲めない方にもぴったりですよ。亡くなったダイアナ元妃もお好きだったようです。なるほど、オシャレな感じがしますね。

自分好みの配合で、自宅でも作れる

スプリッツァーは自宅でもカンタンに作ることができます。いろいろ試してみて、自分好みの白ワインと炭酸水の配合を調べてみるのも楽しそうですね。オーストリアのホイリゲやレストランでも、こだわりの配合でスプリッツァーを出してくれますよ。

自転車乗りのビアカクテル

そして、もうひとつラドラーもさわやかなお酒です。ラドラーはドイツが発祥だといわれていますが、オーストリアでもよく飲まれています。これは、ビールとレモネードを割ったもの。ちょっぴり甘酸っぱいビアカクテルです。ラドラーは「自転車に乗る人」という意味です。自転車に乗るときは、強いアルコール飲料は控えますので、自転車乗りのための飲み物といったところです。よくビールメーカーが作っていまして、カフェでも置いてありますし、スーパーでも買うことができます。ところで、最近は、日本のメーカーもラドラーを作りだしたのだとか。日本では、あまり馴染はないかとは思いますが、喉が渇いているときには、特に美味しいですよ。アルコール度数が高くないので、ゴクゴク飲めて最高です。