ヴィエナ・シティカードは、赤と白の二種類になりました

ウィーンを訪れるツーリストには、もうお馴染みとなったヴィエナ・シティカード。
公共交通機関のきっぷと各種観光地の割引券がひとつになっていて、とても便利でお得。以前、お得具合を検証したこともありますよ。

ヴィエナ・シティカードは得? 美術館での割引率を考えてみよう
https://www.ab-road.net/europe/austria/vienna/guide/travel/09473.html

今まででも十分便利だったのですが、利用者からの声をきいてリニューアルしました。すなわち、赤いカードと白いカードの二種類となり、旅のスタイルにあわせてどちらか選べるようになったのです。これから、この2種類のヴィエナ・シティカードがどう違うのか、お知らせしますね!

お馴染みのヴィエナ・シティカードがリニューアル! お馴染みのヴィエナ・シティカードがリニューアル!

赤いヴィエナ・シティカードは今までと同じです

「赤いヴィエナ・シティカード」は、今までと同じだと思っていただいて、まず間違いありません。公共交通機関のきっぷと各種観光地の割引券がセットになっています。24時間有効、48時間有効、72時間有効と滞在期間にあわせて、有効期間を選ぶことができます。2018年4月現在、それぞれ 13.90ユーロ、 21.90ユーロ、 24.90ユーロです。ヴィエナ・シティカードを買うと一緒についてくるボーナスブックに書かれた各所で割引が効きます。

白いヴィエナ・シティカードはホップオン・ホップオフ・ツアー付

今回のリニューアルの目玉は「白いヴィエナ・シティカード」。ホップオン・ホップオフ・ツアーが含まれているのです。これは、地元のビエナ・サイトシーイング社が運行している乗り降り自由な観光バスです。こちらも24時間有効、48時間有効、72時間有効と有効期間を選ぶことができ、2018年4月現在、それぞれ28ユーロ、31ユーロ、 35ユーロです。ただし、気を付けていただきたいのは、公共交通機関のきっぷが含まれていないこと。ホップオン・ホップオフ・ツアーで訪れる範囲の移動だけでしたらいいのですが、それ以外も足を延ばそうとおもったら、赤いヴィエナ・シティカードのほうがいいかもしれませんね。

どの施設で割引が効くか、前もって確認したいときは…?

ヴィエナ・シティカードを買おうかどうか、迷っている方もいらっしゃるかもしれませんね。そんな方のために、ウィーン市観光局が日本語で説明ページを用意しています。

ウィーン市観光局、ヴィエナ・シティカードの説明ページ
https://www.wien.info/ja/travel-info/vienna-city-card

このページでヴィエナ・シティカードのボーナスブックをチェックできます。ただし、このページで見られるものは本物のボーナスブックではありませんのでご注意! ヴィエナ・シティカードを買ったときに、忘れずに本物のボーナスブックを受け取ってくださいね!