商機あり!ウィーンにホテルの出店ラッシュ

ウィーンの五つ星ホテルといえば、今までは、ザッハー、インペリアル、グランド、ブリストルといったところが定番でした。もちろんこれらの老舗ホテルも現役ですが、ここ数年、ウィーンでは五つ星ホテルの出店ラッシュが続いています。「商機あり!」と判断しなければ、大きな投資を伴う出店はしないと思いますので、ウィーンには、それだけ五つ星ホテルの需要があるのでしょう。ふだんはそうでもないのですが、ウィーンではときどき、「どこにも空室がない!」というくらいホテルが満員御礼になることがあります。それは国際学会のためです。ウィーンでは医学学会がよく行われますので、その学会のときは世界中のお医者さんや学者さんでホテルがいっぱいになります。そして、皆さんがお部屋をとるのが、五つ星ホテルなのです。

ウィーンは、五つ星ホテルの出店ラッシュ! ウィーンは、五つ星ホテルの出店ラッシュ!

個性豊かな五つ星ホテル。どこに泊まりましょうか

新しくできたホテルは立地にもこだわり、ウィーンの中心地であるリンク通り近くだったり、国連の施設の近くにあります。さすが、ぬかりはありません。それぞれに個性がありますが、リッツカールトンができたときは、ちょっとしたニュースでした。日本でも、おなじみのリッツカールトンは、そのサービスに定評があります。スタッフとのやりとりを楽しむホテルで、朝食もたまご料理など出来立てがいいものは、わざとブッフェにおかず、スタッフに好みを伝えて持ってきてもらうのです。

五つ星ホテルのサービス対決!

また、最近の五つ星ホテルは、デザイン重視ということが多く、オシャレな滞在を楽しむにはうってつけです。なかでもサンスーシ、ソフィテル シュテファススドムなどは、デザインにこだわりがあるホテルです。最近のイチオシの新しい五つ星ホテルは、パーク・ハイアットです。以前、銀行だった建物を、そっくりホテルに改装してあるホテルです。そんな多くの五つ星ホテルの出店ラッシュに、老舗もだまっていません。グランドは、スパの施設を作っていますし、インペリアルも改装工事をしています。ウィーンは、ただいま五つ星ホテルのサービス対決中ということで、利用者にとってはいいことです。五つ星ホテルには、宿泊しなくても、カフェは気軽に利用できるところも多いので、ぜひ見学がてらお出かけくださいね。