ヨーロッパの典型的なホテルにおいてあるものとないものは?

旅行の支度では、何を持っていけばよいのか悩むことが多いです。機内預け荷物の重量は決まっているので、あれもこれもというわけにはいきません。宿泊ホテルに置いてあれば、持っていかなくてもいいので、その分荷物の重量が減りますね。ですが、現地で「あれがない!」という事態は避けたいのものです。ヨーロッパの典型的な中級から高級ホテルに置いてあるもの、ないもの、持っていくといいものを考えてみましょう。

ヨーロッパのホテルに、あるものとないものは? ヨーロッパのホテルに、あるものとないものは?

タオル類は必ずありますが、スリッパはないことも

ヨーロッパの典型的なホテルは、日本のビジネスホテルとだいたい置いてあるものは、似かよっています。タオル類は必ずあります。ですがスリッパは置いてないところもあるので、持参したほうがいいでしょう。せっけんの類いは必ずありますが、これは要注意。香りが強くて、日本人に合わないことがあります。トラベル用のせっけん、シャンプーセットも持っていったほうがいいです。そして、ドライヤー。たいていのホテルでは、バスルームに備え付けてありますし、見当たらない場合は引きだしを開けてみると入っていることが多いです。それでもない場合は、ホテルで貸してもらえることがほとんどです。最近は、日本でも海外でも使えるタイプの軽量タイプのドライヤーがありますので、これが便利です。

置いてないものは、持参しましょう

日本のホテルでは、おなじみの寝巻、浴衣はありません。パジャマは忘れずにスーツケースに入れましょう。また、歯ブラシは置いてあるほうが珍しいくらいです。マイ歯ブラシもマストです。また、湯沸しポットは英国では、たいてい備え付けられていますが、その他の国ではないところも多いです。私は、コイル状の湯沸し棒をいつも持っています。コップ一杯の水ならば、あっという間に沸きますし、とても小さいで邪魔になりません。そのとき、緑茶のティーバッグがあるといいですね。なお、使い捨てのスプーンやお箸もあるといいですよ。現地のスーパーで買ってきたものを食べるときに役立ちます。日本のコンビニでもらって使わなかったもので十分です。荷物は、うまく持っていくものといかないものを整理して、賢く旅行をしましょう!