ようやく新しい中央駅がオープン

かつては、プラハからの国際列車が発着していたオーストリア、ウィーンの南駅。よく利用したものですが、プラハ行きの列車の発着は、マイドリンク駅に変更され、最近ずっと工事をしていました。南駅は「中央駅」になるのだときいて幾星霜。ようやく、2014年10月10日に新しい中央駅がオープンしました。今まで、ウィーンには国際線が発着する駅は、西駅とマイドリンク駅、そしてかつての南駅で中央駅はありませんでした。ヨーロッパの大きな都市には、中央駅があって、そこを基点に地下鉄やらバスや路面電車が走っているものなのですが、そうではなかったのです。ちなみに、ウィーンのほか、パリも国際線発着駅が複数あり、似たような感じではありますが、これでウィーンが一歩リードです。

便利になります。新しいウィーン中央駅 便利になります。新しいウィーン中央駅

旅行者にはより便利になりました

2014年12月に大規模なダイヤ変更があり、出来立てホヤホヤの中央駅を利用するような列車のスケジュールが組まれました。今まで使っていた西駅などの既存の駅も、もちろん利用します。私がみたところによると、たとえばザルツブルク方面からウィーン経由でブダペストに向かう列車の場合、最初に西駅に停車し、次に中央駅、その後ブダペスト方面へ、というようになっています。すなわち、乗客は乗り降りの駅の選択が増えるわけです。中央駅は、地下で地下鉄1番線のズュードチローラープラッツ駅と直結しています。地下鉄1番線は、カールスプラッツ駅などウィーン中心地を通りますので、旅行者にはより便利になりました。

構内の店舗が多く、買い物にも便利です

さて、この中央駅、店舗が多く、ショッピングセンターのようになっています。地下には、スーパーマーケットもありますので、飲み物やオヤツの調達に便利です。また、ウィーン市観光局のインフォメーションセンターもあります。ここで、市内地図をゲットしたり、ウィーンカードを求めることができます。中央駅は、とても便利ですし、出来立てということで、あちこちピカピカ。ぜひ利用してみてくださいね。