旅行に出かける前には忘れずに!

旅行の支度は楽しいものですね。ルートを決めて、航空券を買ったりホテルを予約したり。ですが、大切なものを忘れていませんか? それは海外旅行保険です。何もトラブルがなければお世話になることはありませんが、いざ何かあれば「入っていてよかった」と思うこと請け合いです。また、チェコなど入国に際し、海外旅行保険の加入を義務付けている国もありますので、あらかじめチェックしておきましょう。
<関連記事>
http://www.ab-road.net/europe/czech/prague/guide/travel/07741.html

海外旅行に出かけるときは保険加入をお忘れなく! 海外旅行に出かけるときは保険加入をお忘れなく!

入っていてよかった! と思った経験あります

私はそれほど保険のお世話になることはないのですが、それでも入っていてよかった!と思ったことがあります。冬のミュンヘンで大雪で飛行機が飛ばなくなったことがありました。その晩はミュンヘン空港で夜を明かしたのですが、予約していたウィーンのホテルはすでにキャンセル料がかかる時期。参ったなぁと思ったのですが、保険でキャンセル料がカバーされたのです。そして、空港が混乱していたためか預け荷物の紛失のトラブルも。着替えもありませんから、到着地のウィーンで下着や洋服を買う羽目に。

保険請求用の買い物の領収書は必ず必要です

天気理由の欠航は、航空会社は免責です。買い物をしたときの領収書をとっておいて、後日、保険会社に提出すると全額カバーされました。帰国後、私のスーツケースは無事届きましたので、その時ウィーンで買った洋服は、保険会社に買ってもらったようなものです。もちろん保険会社は、保険金を支払う前に、私が本当に必要なものを買ったのかどうかチェックしていますよ!

クレジットカード付帯の保険は要注意です

私は海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持っていますが、それとは別に必ず保険に入るようにしています。私のカードの付帯保険には疾病死亡の補償がないからです。またキャッシュレスで診てもらえる病院がほとんどないことも理由です。もし、クレジットカード付帯の保険を愛用しているのなら、内容を確認したほうがいいですよ!