page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

ウィーンショッピング・お土産ガイド

ウィーンのショッピング情報

こぢんまりとしたウィーンの街だが、高級ブランドショップが充実していることは意外に知られていない。免税率が他のEU諸国に比べ、大きいのも魅力のひとつ。2013年から旧市街には「ゴールデンクォーター」と呼ばれる新しい高級ショッピングエリアが生まれており、ますます買い物の楽しみが広がりそうだ。また、旧市街にはデパートやショッピングセンターもあるので、時間があまり取れない場合は衣類からチョコレートやワインなどの名産品、お土産まで揃うので便利だ。(2015年編集部調べ)


ウィーンの特産品・ブランド

ウィーン生まれのブランドで特に有名なのは、1718年創設であの女帝マリア・テレジアにも愛されたという磁器工房「アウガルテン」や、ガラス製品やシャンデリアの世界的ブランドの「ロブマイヤー」など。ショップに並ぶ商品はどれも美術品のように美しく見ているだけでも楽しい。コールマルクト周辺には、シャネルやフェラガモ、ルイ・ヴィトンなどブランドショップが集まっている。「モーツァルトチョコ」をはじめモーツァルト関連のお土産も人気がある。

ウィーンの市場・免税店・お買い物スポット

ウィーンのメインストリートといえば、オペラ座からシュテファン広場までのケルントナー通り。ここにはデパートやブティック、土産物屋などが揃っており、地元の人達も多い繁華街だ。またリンク通りそばの「リンクシュトラーセン・ギャラリー」や、シュテファン大聖堂近くのデパート「シュテッフェル」も有名ブランドから特産品まであらゆる商品が揃っており、時間の無いときの買い物に便利だ。12月には市庁舎前広場に恒例のクリスマス市がたち、毎年大勢の人でにぎわう風物詩となっている。


現地ガイド発!ウィーンのショッピング・お土産最新情報

2018/11/02 ショッピング

地元の人に人気!お洒落な雑貨ショップ+レストラン〜Marco Simons〜

ウィーン旅行イメージ-Marco Simonis Bastei10の店内の様子 Marco Simonis Bastei10の店内の様子

2014年9月に、世界遺産の旧市街内1区内にデザイン、インテリア、雑貨、そしてグルメが融合した最初の「Marco Simons」が登場!洗練されたインテリア雑貨とディスプレイ、一角にはイートイン出来るスペースもあるお店はとても斬新でお洒落でした。店内は地元の人達で賑わい、場所柄ちょっと隠れ場的な雰囲気もあり!の素敵なお店で置いてあるものを色々と見て回りました。扱っている商品の幅はとても広く、家具や雑貨、日用品、そしてオリジナルの食品や色合いの素敵な花束、そして新鮮な野菜まで・・・どれも洗練されたセレクトで見ているだけでも楽しめる商品が揃っています。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ウィーンショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによるウィーンの特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
ウィーンのショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!