page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

観光スポット「ハプスブルク」の旅行情報

ハプスブルク

名称:ハプスブルク(オーストリア/ウィーン
ジャンル:観光スポット

ウィーンを歩くと随所でハプスブルク家の遺産に遭遇する。シェーンブルン宮殿しかり、ベルベデーレ宮殿しかり。ハプスブルク家ぬきにはオーストリアの歴史は語れない。同家はもともとドイツの王家で、13世紀にルドルフ1世が神聖ローマ皇帝に即位したときにオーストリアが併合され、ハプスブルク王朝時代がはじまった。以来ゴシック期、ルネッサンス期を経てバロック末期の18世紀に女帝マリア・テレジアが即位。大英帝国とフランスをのぞく全ヨーロッパを支配下に治める全盛期を迎え「日の沈むことのない帝国」と讃えられる。その後、徐々に衰退を見せ、第1次大戦の敗戦とともに約650年にわたるハプスブルク支配は幕を閉じた。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!ウィーンの観光スポット最新情報

2020/02/07 観光地・名所

ウィーンの伝説が今も生きるシェーンラテルン通り

ウィーン旅行イメージ-シェーンラテルン通りの名前の由来となった外灯 シェーンラテルン通りの名前の由来となった外灯

ウィーンほど街全体が美しい都市は珍しい。どこを歩いても風情があり、あちらこちらに観光スポットがある。旧市街の真ん中にシュテファンス広場があり、ウィーンのシンボル聖シュテファンス大聖堂が聳えている。かつて中心部を取り巻いていた市壁は19世紀後半に取り払われ、そこに幅の広い環状道路リングが建設された。リングを飾る建物として最初に建設されたのがオペラ座である。このオペラ座脇からシュテファンス広場までの歩行者専用ケルントナー通りが最も賑やかで観光客が多い。人の流れはそのままグラーベン、そしてコールマルクトへと続き、王宮前のミヒャエル広場まで途切れることがない。このコースが一般的な観光ルートだ。しかし、…続きを見る



ウィーン旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

ハプスブルクへの旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。