ベラルーシ旅行・ベラルーシ観光徹底ガイド

ベラルーシ旅行・ベラルーシ観光徹底ガイド

ベラルーシ旅行・観光の見どころ・観光情報

旧ソビエト連邦から独立したベラルーシは、ヨーロッパでは珍しくいまだに観光ビザの事前取得が必要な国。また、観光情報が少ないこともあり、日本ではメジャーな旅行先とは言い難い。ベラルーシは豊かな自然に恵まれた国で、森林が国土の3分の1を占める。丘陵や湖が点在し、多様な野生動物が棲息している。また「ミール地方の城と関連建物群」をはじめとする4つの世界遺産を有し、ロシアとビザンチンが融合した独自の文化はこの国の大きな魅力となっている。首都ミンスクは旧ソ連を彷彿とさせる歴史的建造物とユニークな現代建築が混在し、建築と歴史が好きな人におすすめだ。(2016年9月編集部調べ)

ベラルーシへ行くツアーを見る この国のツアー代金相場を見る

ベラルーシの人気問合せ情報

ベラルーシの最安値カレンダー

ベラルーシ旅行・観光の選び方

未知なる魅力に満ちた、森と湖の国ベラルーシと旧ソ連の国々を探訪

ベラルーシへのツアーのほとんどが、ウクライナやバルト三国との周遊型だ。ツアー期間は7日間ほど。ベラルーシにある4つの世界遺産の中で最も人気の高いミール城に行くツアーもある。おすすめの食べ物はベラルーシの名物家庭料理「ドラニキ」。すりおろしたジャガイモのお焼きで、外はカリカリ中はもちもちして日本人好みの味だ。ちなみに食卓にジャガイモが欠かせないベラルーシでは、ジャガイモは「第二のパン」と呼ばれている。お土産は、白い亜麻布に赤い糸で幾何学的な刺繍模様が施された伝統の織物や、亜麻人形、白樺のジュースなど。(2016年9月編集部調べ)


ベラルーシのグルメ・伝統料理

ベラルーシの郷土料理はロシアやウクライナに比べて素朴なものが多い。ジャガイモは彼らの食事に欠かせない物であり、また豚肉、鯉、ザリガニ、キャベツがよく食べられる。サワークリームやニンニク、ハーブを味のアクセントに用いる。ジャガイモのお焼き「ドラニキ」や豚肉をサワークリームで煮た「マチャンカ」、カッテージチーズのお焼き「スィルニキ」など、日本ではあまりポピュラーではないベラルーシのグルメを現地でぜひ味わおう。 (2015年編集部調べ)

ベラルーシのショッピング情報

ベラルーシで受け継がれてきた特産品に亜麻(リネン)の織物がある。ランチョンマットなどの織物や、亜麻で作られた民族衣装姿の人形はこの国らしいお土産だろう。もうひとつ有名な民芸品はわら細工とわら製の人形で、さまざまな種類と大きさのものが土産物屋やデパートの民芸品コーナーで売られている。亜麻人形の方が値段は少し安め。ロシアのものよりマイルドなベラルーシ製のウォッカや、白樺の樹液のジュース、ベラルーシ音楽のCDもお土産におすすめ。 (2015年編集部調べ)

ベラルーシのオススメツアー

ベラルーシ旅行・ベラルーシ観光徹底ガイド

2件ヒットしました (1旅行会社 14.35〜27.55万円)
  • 1|

合算燃
目安
14.35
27.55

旅行代金: 12.20〜 24.70

燃油目安燃: 2.15〜 2.85

7日間

成田発

ホテル:
シティ・ホテル・ポルトゥス、リバーサイド・ホテル、ベラルーシ・ホテル
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

合算燃
目安
14.35
27.55

旅行代金: 13.20〜 25.70

燃油目安燃: 1.15〜 1.85

7日間

成田発

ホテル:
ツーリスト、ベラルーシ・ホテル
航空会社:
ターキッシュ エアラインズ(日本発:夜)

旅行会社/ブランド: ファイブスタークラブ☆

2件ヒットしました (1旅行会社 14.35〜27.55万円)
  • 1|


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top