世界遺産「ネスヴィシにあるラジヴィル家の複合建造物群(ネスヴィシェ)」の詳細情報

ベラルーシの世界遺産・名所ガイド

Architectural Residential and Cultural Complex of the Radziwill Family at Nesvizh

ネスヴィシにあるラジヴィル家の複合建造物群

名称:ネスヴィシにあるラジヴィル家の複合建造物群(ベラルーシ
英語名称:Architectural Residential and Cultural Complex of the Radziwill Family at Nesvizh
ジャンル:世界遺産
分類:文化遺産
登録年:2005年

名門ラジヴィル家が16世紀に建造した大邸宅

ベラルーシ中部の街ネスヴィシには、ラジヴィル家が16世紀末に建てた歴史的な建造物群がある。ラジヴィル家はメディチ家と肩を並べるほどの名門で、ロシア皇帝など多くの重要人物を輩出した。また、ヨーロッパの歴史と文化にも重要な足跡を残している。ネスヴィシの街は、ラジヴィル家によって科学、芸術、工芸、建築など、あらゆる分野で大きく発展した。ベネディクト会やイエズス会などの修道院でも知られる。ラジヴィル家の邸宅は、6面の中庭を囲むように10の建物が連結しており、ギャラリーや武器庫もある。ルネサンスとバロックの様式が混在し、その建築デザインは中欧、東欧、ロシアの建築にも大きな影響を与えた。

ここに行くツアーを探す

世界遺産を知ってもっと旅を楽しもう
情報提供:世界遺産検定 http://www.sekaken.jp/

世界遺産検定

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


ベラルーシの世界遺産「ネスヴィシにあるラジヴィル家の複合建造物群」についてご紹介します。ネスヴィシにあるラジヴィル家の複合建造物群の観光ができるツアープランもあわせてご紹介。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。